FC2ブログ

2011/9/12(月)のツイートまとめ
2011-9-12-space.jpg

ハッブルから観測した宇宙のDVDを視聴してます。
人間の産み出す芸術も勿論すごいけど、億年も前から存在する最古の芸術には
とても太刀打ち出来ないものを感じる

星の最期=白色矮星って美しいな・・・地球もいつかはこんな姿になるのかぁ。
せめて環境破壊による過労死ではなく、老衰させてあげたいものです

長門さんもバカ王子もヌ・ミキタカ・ゾ・ンシもこの宇宙のどこかにいるのだろうか・・・
荒木先生いわくミキタカが本当に宇宙人なのかは知らんとの事ですが、
なら宇宙人だと信じても別に良いのですよね

ハッブルで撮影された写真って最初は白黒で、後でコンピューターで波長ごとに
色分けして塗ってるのか・・・とても美しいけれど本当の色じゃないというのは残念。
間近でどんな色をしてるのか見に行けるまでに、あとどれ位かかるのだろう

金も銅もウラニウムもみんな他の星から来たんだなぁ・・・

スーパーノヴァを「超新星」って邦訳したのはちょっと分かりづらいと思う。
実際は「星の最期」なのに、この訳だと「星の誕生」みたく思えるんだよね。
まぁ死は新たなる誕生に繋がるって事で詩的な意味では良いかもしれないですが

宝島社のMOOKは面白いなぁ。コレクション対象です

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
3分45秒の至福
世の中に数えきれない程あるコメディドラマ、もちろん全てを知ってるワケじゃないですが
やっぱり管理人はMr. Beanが最高峰だと思ってます。
余計な台詞(言語的要素)はいっさい排除され、
8~9割方「表情」や「仕草」で構成される世界、その何と雄弁な事か。
国境を超えて愛される最大の理由だと思う。



「PACKING」がもう大好きです。
もともとショートコメディですが、コレは4分足らずの特に短時間なネタなだけに
こと無駄なく濃縮されてると思います。素晴らしいテンポ。

ビーンさん、いつも愛車のクーパーで事故りそうで事故らないドラテクを披露してますが、
アトキンソンさんはいつも愛車のマクラーレンを事故らせすぎで心配になります(^^;)
どうかあれ以上大怪我をなさいませんよう。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
暗悪健太とか懐かしいですね
2011-7-18-superman.jpg

スーパーマンでも凍土のシーンでときめいた。
管理人の中で「氷の世界」ブームが来ているのだろうか。

このシーン、お母さんに「北へ向かう」とだけ告げて
やって来たのが北極というのがシュールなんだよなw
ガチに最北端まで来んのかよ!!∑(゚д゚; ) とw

そして今「スーパーマンのテーマ」と「スターウォーズのテーマ」と「モンハンのテーマ」が
脳内でごっちゃになってます。3曲とも似てませんかファンファーレ調で。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
A HAW HAW HAW HAW
アルマゲドン

「アルマゲドン」で地球に接近する隕石の名前がドティで何となく吹いてしまった。
シナリオ内で名前が目立つ事はないんですが、隕石の存在が世界中にバレちゃった際の
お偉いさん2人のメールで何気に採用されてる小ネタが良いw

名付け親の老夫婦、冒頭しか出てないのが惜しまれる。
奥さん(ドティさん)、局地に壊滅的な被害&乗組員数名の死亡者を出した隕石に
自分の名前が使われて、しかもそれが半永久的に歴史に残るって相当の重圧だな…

観終わった後、コレが最悪評価のゴールデンラズベリー賞と知って信じられなかった。
アニマルクラッカーのBGMと、ハリーとAJの別れのシーン最高だったのに。
リヴ演じる娘さんも快活で「この娘の為なら父親も命賭けるわ」って気分にさせられた。
「米国マンセー」「NASAマンセー」なんて露骨な不快感も覚えなかったしなぁ。
局員達のあんな切迫した描写を見せられたらイチャモンつける気など無くなりますよ。

ただロックハウンドは確かにラズベリーものだな、と思った(苦笑)。
最初はキレた理系キャラで好みだなぁと思っていたのに、隕石上でふざけて銃を乱射して
組員をパニックに陥れるってだけの役割しかなくてガッカリした。
周りは流星群の嵐、組員は掘削作業に必死な状況で何をやってるんだコイツは。
何でロックハウンドが何のお咎めもなく無事に帰還できたんだろうな。
コイツがふざけなかったらハリーも無事に帰れたのかもしれないのに…

音楽、メインのエアロスミス以外もツボにハマるものが多い。
冒頭の嫌がらせゴルフで使われてるZZ TOPの「LA GRANGE」が大好きです。
ZZ TOPが有名になる前の曲。鼻詰まりのようなオッサンボイス最高!!

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ウィ・ムッシュー
2011-2-22-poirot_20110222210424.jpg

◆DVDやCDのコレクションムックって創刊号だけが半額で発売される物が多いので
見かけるとつい記念に手に入れたくなります。好きなジャンルなら尚更。
装丁も洒落てるし、読み物ウンチクも面白いですしね。

ポワロさんは和むなぁ…「メルシーモナミ」なんてこの方に言われたい。
特に「ナイルに死す」は前半のドロドロ恋愛劇が恐ろしくて尚更ポワロさんで癒されます。
被害者役の女優さんもいい感じに自己中女を演じててナイス。

取り調べのシーンでオッタボーン婦人の供述(という名の妄想小説)に対して
ポワロさんとレイス大佐がノーコメで引いてるのがたまらんですw

◆アガサといえばコナンの阿笠博士のネーミングの元ネタとしても有名ですが
ネットでまことしやかに囁かれてる「あの方=阿笠」説は本当のところどうなんでしょうか。
青山先生は公式に否定されてると聞きましたが。

以前サンデーのプレゼント企画で、コナン君がいきなり10年後にタイムスリップしちゃう
「もしもの最終回」みたいなシナリオがありましたよね。
アレと同じノリで「もしも阿笠が本当に“あの方”だったら」っていうパラレルものが
1本作れるかもしれませんね。
結局夢オチって事になるだろうけど(笑)それでもちょっと観てみたかったりします。

…特に阿笠をボスと崇めるジンの兄貴のお姿を1度でいいから観たいw

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
バッテリーはBeanBeanだぜ♪


今年はビーンさんと一緒に年を越すことになりそうです。
コメ付きで観ると面白さ倍増。みんなのwwwが笑いを増幅させているw
ホント困った英国紳士だなビーンさんはw

皇室に対する不謹慎なネタもよく出てくるが、日本では間違っても真似できないセンスだな。
日本のお笑いは下品なだけで、テレビ文化ももう完全に終わってると感じてる身としては
英国コメディのエスプリ感にとてつもなく惹かれるものがあります。
実際ビーン役のアトキンソンさんはオックスフォード卒のインテリ。
おバカキャラを演じていても、表情や動きの巧みさに滲み出る並ならぬ知性。素晴らしい。

また脇役の皆さんのビーンに向ける「不審者を見る目」がたまらないんだよなw
動画内ではマルフォイってアダ名されてる金髪オールバックのお兄さんが大好きです。
(「学校へ行く」「426号室のビーン」辺りに登場する人)」

アトキンソンさん10月に急病で映画撮れなくなっちゃったらしいけど、大丈夫でしょうか。
1日も早い回復を願っております。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ニヤリ!このジジイ根っからのギャンブラーだぜ…


映画「スティング」を観ています。

やっぱりどうしても列車内でのイカサマポーカー場面でニヤニヤしてしまう。
セカンドディール(カードの上から2枚目を配るイカサマ)を披露したり、
相手の名前をワザと間違えて怒りを煽ったりするポール・ニューマン扮する詐欺師。
映画内で登場人物が「GO AHEAD!!」って言ってるシーンもあり。
あぁ、この映画もダービー編も痛快だなぁ。

また捨隈さんのポーカー能力の正体を見破るヒントがこの場面に隠されているのでは
と思って自分なりに注意しながら観たけどやっぱり分かりませんでした。もういいorz

テーマ曲のエンターテイナー始め、
全編に渡ってラグタイムがBGMとして流れててとてもオシャレ。床屋の曲とか。
一世代前の映画の持つ洒脱な空気は良いものです。

しかしエンターテイナー、フルで聴くと
1分11秒あたりから「らららコッペパン」のリズムが聴こえて来るから困るのです。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
射ぬく灰眼
科学メディアでは「ナショナルジオグラフィック」系が大好きで良くDVDを借りてます。
公式サイトでも動画は沢山観れますが、DVDにおけるOPのオーケストレーションの壮大さと
「テーマは地球、その全てです」っていうナレーションに毎回ワクワクする。

その中でも、ナショジオに所属するカメラマン達をテーマにした巻には感動した。
老若男女問わず命懸けで世界を切り取ってる方々だ。カッコいい。

2010-11-27-national.jpg

紛争地域のこの女の子の表情はいつ見てもハッとする。凄い眼力だ。
この写真が表紙に掲載されるやいなや、この国への資金援助の申し出が殺到したそうだが
納得の迫力。どんな日常を送ってるのか一瞬で推し量れる顔。
この子の心を開いてカメラに収める事を許可させた写真家さんもグッジョブ。

この子見た後に日本のスイーツJKみたいのがゲラゲラ笑ってるの見ると吐き気がするな。
どんだけ平和ボケした国なんだ、と。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
これはご丁寧にドゥオーモドゥオーモ
2010-11-1.jpg

「ジェットストリーム」DVDのヴェネツィア編を観ていたら
イタリア語で街を代表する教会堂の事を
「ドゥオーモ」と呼ぶのだと初めて知りました。

すごいですね。
こんな荘厳な様式の教会だというのに
「ドゥオーモ」と実にフランクに歓迎されている気分です。
さすがはイタリア、神様も陽気なのでしょうか。

ちなみにこの管理人、「ジェットストリーム」と「世界の車窓から」が
よくごっちゃになります。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ハリセンボンの仲間である。名前はまだない
SO CUTE

「よりぬき へんないきもの」が面白かったです。
今まで観たキッズ向け科学番組ではコレがかなりのツボ。
早川いくをさんのテンション低い解説が面白いんだよな。大碇なめ子は寒かったが。
「スキージャンプ・ペア」のシュールな実況が好きなんだが、あれに近いノリで楽しかった。
アマゾンレビューで「自然界の生き物を道化に見立てるなんて~」云々言ってる奴は
どんだけ頭固いのって思ったw

深海のキモ可愛い生き物が続々と出てくるので、
サブイボ立ちながらも萌え~っとなる不思議な感覚に襲われたな。
特に「トラフカラッパ」の可愛さには母性本能をくすぐられる何かがあったw
物凄い強力なハサミの持ち主のくせにちょっと敵が来るだけでビクっとハサミで顔を隠す
内気なシャイボーイ。まさに自然界のシザーハンズw

子供科学番組といえば、ピタゴラスイッチの「10本アニメ」のコーナーも大好きだったな。
ラーメンズのギリジンが声当ててたヤツ。

パフュがこないだのTVブロスのインタビューで
「ピタゴラスイッチのテーマ曲カバーしてみたい!」って言ってたが
むしろヤスタカ様絡みならもじぴったんをカバーして欲しいw
もじぴったんのPSPアレンジは初期capsule的オシャレポップなんだけど
アレを今のバリバリテクノアレンジにしてパフュが歌ったらウケそうじゃね?と提案。

別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
BACK | HOME | NEXT