FC2ブログ

DoRaeMooooooooooooN♪
2010-9-3-dora
2010-9-3-dora

国民的ネコ型ロボットのお誕生日おめ!

改めて読み返して思うけど、原作のドラは淡白でシュールで手厳しいw
F先生亡き後のオリジナルドラはこの辺の毒気が消え失せてしまって物足りませんね。

メイン読者が子供である事を想定したひらがな8割のシンプルな台詞で
コレほどのブラックジョークや皮肉を盛り込める漫画家って、
今の平成の世にはいないんじゃなかろうか。
何十年経っても色褪せないセンスだと思います。

個人的にはてんとうむしコミックス12巻の面白さが異常。

スネ夫「ぼくの友達が花どろぼうだったなんて…ああ…僕ははずかしい」

ドラ「よくあんなものにむちゅうになれるな。
   いいとしして単純というか何というか…
   ある意味ではしあわせな人だ。」
のび「ね~えドラえもん、正義の味方を出してくれ。」
ドラ「アホか。」

ドラ「一週間も前のことおぼえているもんか。日記の天気は毎日つけとくのがとうぜんだっ。」
のび「あのなあ、ぼくにそんなことができるかどうかわかってるだろ、
   長いつきあいなんだから。」

ドラ「ぼくぐらい高級なロボットになるとカがさすんだよ。」

ドラ「だれでも何かとりえがあるもんだねぇ。
   こういうくだらないことだときみはじつにうまい。」

あの有名な「さからうものは死けい!」が出てくるのもこの巻ですw
最後のゆうれい城に登場するゲストキャラ・ロッテさんも美しい。

あー、ドラの真の面白さが分かるのってやっぱりある程度年くってからだよな。
こんなシュールでヒヤッとさせられる台詞回しばかりだったとは。
だけど決して「子供に読ませるべきでは無いっ(キリッ)」といった感じにはならない。
むしろ積極的に未来の子どもが読んでいて欲しい。

「氾濫」の一語に尽きる日本の漫画文化の中で、
こんな風に思える作品が他にどれくらいあるだろう…?

スポンサーサイト



別窓 | ドラえもん | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
<<奥義・死・4分前 | POISON × MEDICINE | 客「お前いきなり歯で弾き始めるからビックリして調子狂うんだよ!」                                      奏者「ちょっとロックのテイストをハープにも入れてみたらどうかと♡」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |