FC2ブログ

ジャンプSQ9月号・新テニスの王子様(33話&34話)
2010-8-11-新テニ

天使のような悪魔の笑顔。

背景の雲が羽のように見える演出にはちょっと感心しました。綺麗です。
「このワカメ野郎」でブチ切れ「めっちゃイカしてるわ」であっさりゴキゲンになるとは
やっぱ赤也って分かりやすいというか、思いっきり単純で純粋な子なんだろうね。
(単細胞とかそういう意味ではなく)
立海勢もいざとなれば今回の白石のように赤也を上手く操縦できるんだろうなと思います。
少なくとも仁王にはお手のものだと思われるw

そんでもって白石の左手に隠されていたのは黄金のガントレットという。
何でワザワザ黄金にする必要あるのよオサムちゃん他に使い道あるでしょう、
金銭感覚のおかしさは跡部様以上なのかあの監督w
ジャッカルに見せたら身投げしてしまいそうだw
放り投げたガントレットを対戦相手が拾おうとしてるけど、頼むからジャッカルにくれてやれw

他の選手みたく両手首、両足首のパワーリストってならまだ分かるけど
片方だけなんて異様にバランス悪い成長の仕方をしないかと心配になってしまうなw

しかし黄金ガントレット、驚きはしたけれど爆笑、という程ではないかな?
テニヌ世界に慣れてしまうとむしろ普通にカッコ良く思えてしまうから恐ろしい。
毒手というのは嘘だったけど、これはこれで金ちゃんが喜びそうですね。

跡部様が「悪趣味だぜ」と仰ってますがお前が言うなとw
さっきペアプリのパラシュート登校ネタ見て腹筋が死ぬかと思いましたよw
「SUNDAYじゃねーの」じゃありませんよもうwww
この人の前ではどんなツッコミも無力化すると悟りました。

全国大会で重りを外されなかった事にプライドを傷つけられたっぽい元祖魔王が怖いw
あの魔王にシングルスで勝った相手って白石だけなんでしたっけ?
しかも重りつけた状態だったのか。
おぉ、真面目に白石が強いprayer…もとい、プレイヤーに思えてきました。

そんなパワーアップした白石のプレイの弱点を早々に見抜く若旦那も中々カッコいい。
スピードは上がったがコントロール精度が落ちて左サイドにボールが集まってるのを見抜き
そこを拠点に赤也を集中攻撃。
しかし「悪魔化しても正気」というパラドックス的キャラが赤也に発動し(笑)
中学コンビ逆転勝利、と。強引かつ理不尽だが許せてしまうテニヌクオリティ。
あの白髪・赤肌と爽やかな笑顔とのギャップが凄まじいですww

◆ミュージカル2ndシーズン始まるそうですね。
自分も動画サイトで大いに楽しませて貰ってるんで、今回も応援しようかと。
テニミュはキャストの歌が上手なら素直に賞賛して貰えるし、
音痴なら音痴で空耳職人に愛されるしで、どっちに転んでも美味しい出来なんですよねw
古今東西ミュージカルは色々ありますが、テニミュのノリは唯一無二だと思います。
原作がある程度カオスだとむしろハジケやすいんでしょうかw

シナリオは無印時代をもう一度なぞる事になるんでしょうか。
新テニの跡部VS日吉はちょっとミュージカルで観たいんですけどね。
日吉の「下克上」への屈折した想いは音楽向けだなと思いまして。

1stは作曲の佐橋先生が物凄くグッジョブで
「エクスタシー」「ばいきんおー(バイキングホーン)」は何度も口ずさみたくなりました。
2ndにも期待。

ミュといいキャラソンといい、テニヌの音楽企画は侮れません。
白石の「medecine or…」大好きです。心癒される上質なトランスポップアルバム。

浅い快感なんていらないから”(prayer)………わーぉ。

スポンサーサイト



別窓 | テニスの王子様 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
<<はじまりは、地区予選 | POISON × MEDICINE | 偏見がひとつ消えました>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |