豊臣・ある日の友と家臣~薫陶編~
友と家臣

三成「上杉景勝…
   先代・上杉謙信に劣らぬ泰然自若たる武人だ。
   俺は、かの男の信を得る事が出来ているのだろうか」
吉継「……」
三成「豊臣の守護者として、上杉方との結束をより強固にしていかねばならん…
   だが果たして上杉方は、変わらず豊臣に忠を誓ってくれるものか」
吉継「…うろたえ者」
三成「!!?」
吉継「兼続殿も、お前の志はいたく承知しているだろう?
   必ずや景勝殿にもその想いは伝わっている。
   義で結ばれた者の力をお前が信じずにいてどうする、このうろたえ者」
三成「い、いや、待て…そ…その、吉継…」
吉継「何だ?」

三成「………」
吉継「………」

三成「も…もう1度言ってくれないか」
吉継「…うろたえ者」
三成「もう1度」
吉継「うろたえ者」
三成「もう1度」
吉継「う・ろ・た・え・も・の」
三成「こ、これで最後だ…もう1度」
左近「殿…さっきから顔が蕩けまくってて正視に耐えないんですがね」
三成「やかましい!!」

綾様

綾「うふふ…去る日にお会いした
  私と同じ、純白を纏う敦賀の城主様…
  今ごろ愛を説いていらっしゃるのかしら」
兼続「綾様?」
景勝「(母上?)」

スポンサーサイト
別窓 | 戦国無双・三國無双 | comment:0 | ∧top | under∨
<<天下分け目の三角関係 | POISON × MEDICINE | 豊臣・ある日の友~祝杯編~>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |