第72話『音の時間』【暗殺教室感想】
◆前回の寺坂くんの渚くんに対する一喝シーン、
「ウィルス」って寺坂くん本人が言ってしまわない方が粋だったな。

「“こんなモン”寝てりゃ余裕で治せんだよ!!」
磯貝くん達だったらコレだけでも十分察する事は出来た筈。

◆7巻表紙はふ~ふ~先生を希望します!!

◆「猫騙し」で検索してみたらアンクロで
猫を使ったハニートラップなんて説明されていて萌えた。

ビッチ先生が「猫騙し」という単語を聞いたら
猫耳+尻尾で烏丸先生を誘惑する己の姿をイメージするに違いない。
(スポーツの知識皆無っぽいからなビッチ先生)

2013-12-17-1.jpg

波紋の修行でもしているかのような熱さ。

条件として「武器を2本持っている事」の説明もきっちりなされましたね。
殺せんせーがいつも言う第2の武器の大事さが実戦的にも証明されたというわけだ…。

しかしこんなテクを渚くんに丁寧に教えてあげるロヴロさんを見ていると
やっぱりロックオンしてるんじゃないかと心配になってくるなww

◆渚くんの猫騙し爆弾により信じられないくらいあえなく鷹岡は撃沈。
鷹岡がしてきたのはあくまで“戦闘”の訓練であって
「対暗殺者」の戦法は全くの素人レベルという事が露呈されました。

スタンガンで止めを刺す直前に渚くんは一人ごちる。

「殺意を教わった。
抱いちゃいけない種類の殺意があるって事。
その殺意から引き戻してくれる友達の大事さも。
殴られる痛みを。実戦の恐怖を。
この人から沢山の事を教わった。

ひどい事をした人だけどそれとは別に、
授業への感謝はちゃんと言わなきゃいけないと思った。

感謝を伝えるなら
“そういう顔”をすべきだと思ったから」


2013-12-17-2.jpg

鷹岡

「ごめんなさい負けました」


反面教師に満面感謝。

渚くん、鷹岡にそういう意味で感謝してるって思い自体は本当なんだろうけど
最後はこの顔で終わらせてやりたいという欲求に
理由をつける為の独白のようにも感じて怖いなぁ(しかも無意識でやっている)。
無垢さとドス黒さが両立してる。
これから見たこともない色に変化していきそうだ渚くんは。

鷹岡を撃破出来たは良いが、薬は壊されてしまい全員分が全く足りない。
それどころか気を失っていた暗殺者達が復活し屋上にやって来る。

今度はプロの暗殺者が3人まとめて。果たしてどうなる。
烏間先生が十分回復しているのなら安心度は格段に上がるのですけどね。
カルマ君はわさびとからしをしまえww

スポンサーサイト
別窓 | 暗殺教室 | comment:0 | ∧top | under∨
<<2013/12/18のパズル日記 | POISON × MEDICINE | 読書日記(2013/12/16)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |