第71話『叱咤の時間』【暗殺教室感想】
7巻特別版特典の描きおろしポスカは誰かの入浴シーンだそうで。
ビッチ先生を期待したいトコだけど広告で
「当然、あたしなんでしょ」と言っちゃってる所を見ると明らかに違う、とw
やっぱ煮こごり殺せんせーなのか?

まさかとは思うけど渚くん…?(ゴクリ)
渚くんだと普通にサービスになっちゃう感じだけど
松井先生が素直にそんな事をしてくれるだろうかww
いや、この間ストレートに女装ネタをやってくれた事だし
これはもしかしたらもしかするか…(ゴクリゴクリ)

◆鷹岡に対する怒りのあまり渚くん暴走寸前、周囲は焦燥の色を隠せない。

2013-12-9-1.jpg

タコに命じられるまでもねぇとばかりに寺坂くん。
武器を渡す事も兼ね、渚くんにスタンガンをぶつけて冷静さを取り戻させる。

寺坂くんが10万はたいて買ったこのスタンガン、
この前の感想で村松くん用もあるかなと言いましたが
プラス狭間さん用もありそうですね。書き忘れごめんよ狭間さん。

2013-12-9-2.jpg

寺坂くん最後まで隠していたかっただろうけどこんな状況じゃ仕方ない。

ここ最近寺坂くんが逐一イケメンすぎて息が止まりそうになる…。
第1話で渚くんを利用した挙句失敗してボロボロ泣いてたお子様が嘘のようだ…。

2013-12-9-3.jpg

正直もう寺坂くん

主人公でいいんじゃないかな。


本気でそう思えるくらい最近の寺坂くんは男前具合が半端ないです。
寺坂くんみたいにスタートがマイナスの位置にいる人は
プラスに転じた時の破壊力もまた凄いんだよな…
プラスの世界しか知らない人間よりも深みが生まれると思う。

そして順調に管理人の脳内で寺坂くんのCVが細谷さんになっていく。
最近のⅣ様とかライナー役のインパクトのおかげで
内側に脆さや後悔や罪悪感を抱えながらも友達の為に奮い立つ兄貴系タイプの声が
だいたい細谷さんのイメージになってるので寺坂くんもハマると思うのよ(力説)。
暗殺が本格的にアニメ化したら個人的に是非…!!言うだけタダだ言っちゃれ。

◆しかし何を思ってか渚くん、
寺坂くんのくれたスタンガンは腰にしまいナイフでの勝負に拘る様子。
鷹岡はと言うと手元に忍ばせていた3回分の治療薬をチラつかせる。
下の生徒達に余計な動きをさせない為、その僅かな希望をモノ質とする…。

「殺し屋とは戦闘をする職業ではない。
戦闘に『なる前に』致命的な一撃を与える職業だ」


本来は不意打ち・目眩まし・抜け駆け等に技術を特化させ一瞬で勝負をつけるもの。
派手にドンパチやらかすのは畑違いなのですが、それを絶賛強いられ中の渚くん。
案の定タイマン勝負では一方的にいたぶられる一方…。
気を失わない程度に力を抜いてるっぽいのがまた。

◆あの時鷹岡に近寄った時の渚くんの微笑(松井先生渾身でしたな)が
鷹岡にとっては完全にトラウマになっているらしく、それを克服すべく
渚くんの顔を圧倒的な恐怖で塗り潰したいという願望を抱く鷹岡。

いたぶられ続ける渚くんにカルマ君すらも痺れを切らしているが、
寺坂くんから待ての一言。彼は渚くんの持つ隠し玉とやらに気付いているらしい。

2013-12-9-4.jpg

ロヴロさんE組に稽古つけてたんだ!?
ビッチ先生のお尻ペンペンしに来ただけじゃなかったのね。
渚くん…ロヴロさんのお仕事(暗殺者育成)の卵として
見事にロックオンされちゃってる気がするなwww

しかし必殺技だの発動条件だの不破さんが目を輝かせてそうな会話だ。

さておき、その3つの条件とは

1つ!!武器を2本持っている事!!
2つ!!敵が手練である事!!
3つ!!敵が『殺される恐怖』を知っている事!!


まさに今その発動条件は充分に満たしている状況。

2013-12-9-5.jpg

↑食性・ド草食(大嘘)。

トラウマ克服どころかトラウマにプートジョロキアを上塗り中の鷹岡、
処刑へのカウントダウンが始まったようです。

あの時鷹岡に近寄った時の笑顔は
あくまで“作戦”として表情を作っただけでしたが今回のコレは違いますよね
明らかにコレ渚くん愉悦の笑みですよね((((;゚Д゚))))

もういっそ開花させてしまえばいいんじゃないかなぁ…(無責任)

スポンサーサイト
別窓 | 暗殺教室 | comment:0 | ∧top | under∨
<<12巻は第50話『叫び』に追加ページがあります【進撃の巨人】 | POISON × MEDICINE | 友よ お前は生きて忠を尽くせ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |