No.126『さらば友よ…虚空へ散る想い!!』その②【遊戯王ZEXALⅡ】
2013-10-25-1.jpg


「そうさ…分かっていた。

分かってたさ」



①自分では凌牙に勝てない、彼の運命を変える事は出来ないであろうという事
②凌牙が己を追い込む為にわざと外道な発言で自分を怒らせ利用していた事
③レオ様は進化しようともやはり存在そのものが死亡フラグである事

色んな意味が込められたモノローグであったに違いありません。(③含む)
「分かってたさ」のちょっぴり自嘲の笑いを含んだ言い方が絶妙でした。

Ⅳ様この3週本当によく頑張った。
消える直前のハイライトの無い目の辺りは
それこそ第1期で凌牙に謝ってるシーン並みに直視が憚られた。綺麗な顔してる…

またしばらく出番は無さそうだけれども
この3週でこれほど濃密なイケⅣ様を拝めて充実してるので我慢できると思います。

凌牙がⅣ様に自分の事を憎んで貰おうと仕向けだした辺りで
「お前のせいで妹は死にかけたんだぞ」とか言い出さないか心配してたが
流石にその一線は超える事が無くて安心した。
これを言ってしまっていたら、例え闘いが終わって魂は無事に戻れたとしても
2人の関係は今度こそ修復不可能になってしまうと感じていたからね。

それにしてもⅣ様にはまさに一か八かの正念場でモンスターカード引かなきゃって時に
絶対に来ない呪いでもかかっているのかなww
序盤のダークリーンカーネーション→ORU1/2当て→RUMドローで
運を使い果たした感があるwww

記事はもう1,2個分けます。

スポンサーサイト
別窓 | 遊☆戯☆王 | comment:0 | ∧top | under∨
<<No.126『さらば友よ…虚空へ散る想い!!』その③【遊戯王ZEXALⅡ】 | POISON × MEDICINE | No.126『さらば友よ…虚空へ散る想い!!』その①【遊戯王ZEXALⅡ】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |