遊戯王ZEXAL121話その②
2013-9-17-2.jpg

人間として生きるかバリアンとして生きるか―
葛藤する凌牙の心にフラッシュバックする戦友との思い出―
しかしそれはガラスのように脆くもひび割れ破片となって粉々に砕け散る―
それが意味するは人間としての日々への決別、新世界で王として生きる事への決意の証―
そんな凌牙の精神世界においてもちゃっかりセンターを位置取る
自称1番のファンが厚かましい事この上ないな本当にwwww


Ⅳ様がいたカットは僅か2枚程度だったのにどちらもセンター掌握でやはり異様な存在感。
シャークさんにとってのⅣ様が愛憎渦巻く異質な立ち位置にいる事の表れに思えたよ。

恨みの感情はもうほぼ完全に消え、既に仲間と言って良い関係になったとはいえ
シャークさんがこういう時に心の中で叫ぶ仲間として
「遊馬!」「アストラル!」「カイト!」と同列に並んで「Ⅳ!」が来る事は
まだまだまだまだ時間がかかりそうだ。だから面白い関係なのだけど。

2013-9-17-4.jpg

兄妹のバリアン化自体は予想がついていたけれど、
予想外だったのはシャークが騙されるでも操られるでも闇堕ちするでもなく
完全に自分の意志でバリアンへの道を選んだ、という事。

元々バリアン世界は過去の自分の所業が産みだしてしまったもの…
ならば自分のやった事の落とし前をつける為、
そして自分を王として待ち続けていた多くの人々の為、
責任を果たすべくああいう選択になったと思うと断然男前じゃないか。
人間界に固執して逃げるよりもむしろこっちのが正しい選択とすら思えてしまう。

さてどうする遊馬先生。
今回は『闇堕ち』とは決定的に違い、シャークさん正気なんだよあくまでも。
「そんなのお前の本当の姿じゃねえ!!目を覚ませよシャーク!!」系統の説得は
今回に限っては全く通じないと踏んでかからないといけないぞ。
本当にどうする、遊馬先生…。

スポンサーサイト
別窓 | 遊☆戯☆王 | comment:0 | ∧top | under∨
<<①ZEXAL兄弟妄想 ②チェス日記 | POISON × MEDICINE | ナンバーズ121『光を継ぐ者!!希望皇ホープルーツ』【ZEXALその①】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |