第22話『自律の時間』【暗殺教室感想】
2012-12-4-1.jpg

◆固定砲台さんのニックネーム律っちゃんが当たったのにビックリしたぁ。
安直~言われちゃったけど(笑)当たったものは嬉しいんだからいいの!!

◆バスガイドさんのようなノリで初夏の風景を語る律ちゃんのシーンで
ムード音楽がかかってるらしいので
イメージBGMとしてジェットストリーム貼っておきますね。



このBGMに合わせて
「庭の草木も緑が深くなっていますね。
春も終わり近づく初夏の香りがします!」


うん…違和感ないなw

◆寺坂くんは殺せんせーの事を未だ「あのタコ」と呼んでいるんだな…
まだまだ生徒全員からの信頼を勝ち取るには時間がかかりそうですね、殺せんせー。

2012-12-4-2.jpg

いやぁ初台詞にしてこの世の真理を的確に突いたこの台詞、竹林くんは大物の予感。
彼には将来的に是非二次元を三次元に転化できるシステムを開発して欲しい物ですね。
それが竹林くんに課せられた『Dの意志』に違いありません。

ただし音楽や囲碁といった四次元に生きている女性のDは減らさせないで下さい。
アヤさんみたいな女性がDを失って三次元に堕ちてはならんでしょ?(力説)。

◆武器出しにビクっとなってる原さん可愛い(´∀`*)

「でも先生、皆さんにどんどんサービスするようにとプログラムを」
 「カンニングはサービスじゃない!!」


大丈夫です、別の意味できっちりサービス頂きました(ガン見)。

◆模型製作から将棋まで何でもこなせる律ちゃんがいつの間にか大人気に。
っていうか千葉くんは将棋強いのか。空間図形の理解力が高いと言われてただけあるな。
E組ではカルマ君に次いで千葉くんが安定した成績上位者なのかしら。

人気が喰われかねないと必死な殺せんせーの顔面表示、
何だこの初期アバターはww

◆律ちゃんを金儲けの道具に使う為、
『余計な要素』を取り払って元の状態に戻してしまった開発者達。
そんな彼らに対して殺せんせー

「親よりも生徒の気持ちを尊重したいんですがねぇ」

自分の気持ちイコール子どもの気持ちと思い込んでる親が多い昨今、ままなりませんねぇ。

◆しかし律ちゃん、おそらく開発者達が不要と判断してしまうであろう
クラスの皆との「協調能力」は暗殺に必要不可欠と自分の意志で判断し、
その記憶メモリは見つからない場所にこっそりと隠しておいたおかげで記憶を失う事なく、
晴れてE組の仲間として受け入れられる事に。

殺せんせーがなけなしの給料を注ぎ込んで作った
全身表示機能が無くなってしまったのは惜しまれますが
律ちゃんは表情と手の仕草だけで十分カワユイので無問題ですね。
アップ前の綾波キャラも意識して出来るようになってるようだから尚のこと無問題w

ラボラトリーから 生まれたプラスチック・ガ~ル♪
奥田さん=「Music controller」に次いで律ちゃんの個人的テーマ曲はコレになりそうだ。

2012-12-4-3.jpg

ビッチ先生が乳芸キャラになりつつある今日この殺なのでした。
暗殺の実力というより人気の面で律ちゃんに嫉妬してるんですか~ビッチ先生。
そして今回は締めタイトルの殺せんせーがデレ顔ww芸が細かいな~毎回毎回。
コミックスに反映されない要素まで凝ってる作品はホント読み甲斐がありますね。

ところで前から気になってたんですが、

「美食」=「BE SHOCK!!」
「触手」「SHOCK SHOOT!!」

ほぼセンスが一緒ですよねコレ。

美触屋・殺せんせーみたいなコラボ企画もいけますかねぇ…
どうです松井先生&しまぶ~、ひとつ。

スポンサーサイト
別窓 | 暗殺教室 | comment:0 | ∧top | under∨
<<弁天様には言わないで(苦行のアイディアとか) | POISON × MEDICINE | ポッポ ポッポ ポッポサーキュレーション♪>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |