埼玉でまんじゅうネタといったら「美味い、美味すぎる」のアレですが
2012-10-9_20121010004925.jpg

ジャンプNEXT!の『殺せんせーVS斉木楠雄』読んじゃいました。
僅か6ページの袋とじの為に雑誌1冊買うなんて生まれて初めての経験だ。

『ジャンプ史上最凶のコラボ!!』ってのが割と誇大広告じゃないのが恐ろしいです。
暗殺教室も斉木楠雄も現在のジャンプにおける毒担当と認識しているので
入間には毒人間を産み出す土壌でもあるのかと地質検査をしたくなりますよww

とは言ってもコラボ漫画に本編の毒気は無く、まんじゅうを巡るほのぼの対決ネタでしたw
一緒の画面にいても違和感ないですね。斉木君視点にしたのも正解です。

一応まんじゅうを巡る攻防でどちらが勝利したのかまとめてみよう。

【①まんじゅうゲット時】
◯殺せんせー ●斉木君 (黙って爪が綺麗になっていくのを見て行くしかなかった)

【②お会計時】
●殺せんせー ◯斉木君 (デビット伊東。入間市育ちのえっちゃんのは無いのか)

【③退店時】
●殺せんせー ◯斉木君 (瞬間移動。マッハ20を封殺)

【④逃亡場所】
◯殺せんせー ●斉木君 (推理)

【⑤入間愛?】
☯殺せんせー ☯斉木君 (ご殺(さっ)しくだΨ(さい)

最終結果は双方ともに5戦中2勝2敗1分で引き分けですね。やっぱそうなるかww

ただオチの「割とどうでもいい」がちょっと寂しくて物足りないな。
もうちょっと普通に郷土愛を感じるオチの方が読後感としては良かったかも。
つっても殺せんせーも斉木君も別に入間出身では無いから郷愁を抱くのもおかしいので、
入間愛があるのは作者2人ですみたいなのを匂わせるオチには出来なかったかな?

管理人も埼玉県民ながら『いるまんじゅう』って本当にあるのか分からず
検索してみましたがHITはしませんでした。
しかし入間市公式サイトに『いるまにあ』という市民手帳的なページがあるので
公式のセンスも大体こんな感じなんだなと納得しましたw

そのうち『いるまんじゅう』マジで売り出す土産物屋が出てくるかもしれませんね。
その際はセットで『殺せんべー』なんてのも売って欲しいです。
殺せんせーの顔がプリントされたせんべい。
デザイン的に製作コスト全然かかんないから儲かるに違いありません。
ご当地グルメとして売り出したら買いに行きますよ~、近所だし。

スポンサーサイト
別窓 | 暗殺教室 | comment:0 | ∧top | under∨
<<第15話『旅行の時間』【暗殺教室感想】 | POISON × MEDICINE | 第14話『テストの時間』【暗殺教室感想】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |