第13話『くるくるの時間』【暗殺教室感想】
2012-10-1-1.jpg

◆理事長のフルネームは浅野學峯(がくほう)…ものものしい名前です。
学問の最高峰という意味を込めたネーミングなのでしょうか。
確かにその名前に恥じず、椚ヶ丘学園を全国屈指の優秀校にした手腕は凄いものです。
5%の生徒を犠牲にするそのやり方も、人間心理をよく研究した上での
効率的なやり方なのかもしれません。

こういう相手に「こんなやり方は教育者として間違ってる!!」なんて
感情論だけでぶつかっても全く相手にされないのがオチ。
合理主義にはそれを上回る合理で対抗しなければ勝てません。今回はそんなストーリー。

しかしインタビュー記事の写真どう足掻いてもイケメンで腹たつなw
このイケメンをテラの最期みたいな顔芸に変えてやれたらちょっと気分爽快でしょうねえw

アオリ『その数圧倒的…100億パワーの戦士たち!!』
メタルクウラが分裂するのってコレでしたっけ?

何気に分身の中に2名ほど王水飲んだ殺せんせーがいるなw

「残像もかなり雑になってるし…雑すぎて別キャラになってねーか?」
ドラちゃんは良いとして左のネズミはヤバイwww
万が一訴えられたら「残像です」の一言でゴリ押しますかww

そういえばドラも「地球破壊爆弾」なんて恐ろしいアイテムを何故か常備してるんだよな。

◆殺せんせーが懸命に勉強を教える目的の一面が明らかに。
う~ん不純なような至って純粋なようなw
巨乳女子大生が寄って来るかはともかく(笑)、「殺すなんて出来ないよ!!」
最終的には真面目にそんな展開になるんじゃないのかなと思えてしまうんですけどね。

◆殺せんせーと一月過ごしてやる気を出しつつあるE組…とは言っても
大多数の生徒達にとっては暗殺の賞金>>>勉強という価値観を
根付かせる事にもなってしまっていた。
100億もらえるとあれば一般クラスの生徒でもそうなるだろうに、
ましてやエンドの烙印を押されているクラスではなおのことそういう考えになる。

生徒達の甘えを知ってしまった殺せんせー…今回はスパルタモードです。

◆E組に対し名ばかりに存在する「救済措置」。
定期テストで学年186人中50位に入り
なおかつ元の担任がクラス復帰を許可すればE組から抜け出せる
との事。

うーん…元の担任の許可ってのが面倒臭そうですね。
カルマ君の事を自己保身の為に落としたあの担任とか絶対に許可くれそうにないし、
カルマ君としても願い下げなんじゃないかと思うし。

まぁ「良い点を取れば抜け出せる」というだけであって
本人がE組に残る事を希望するなら別に構わないんでしょうね。

◆「暗殺さえ成功させれば勉強なんてしなくて良い」と語る生徒達に
殺せんせーはプランを複数立てる事の重要さを解きます。
少年漫画では敬遠されがちな「保険をかける」「失敗した時のリスクを想定する」という事を
ポジティブな描き方で表現しようとしてる感じですね。
ビッチ先生と烏丸先生のプロ目線で具体的に語らせる事でも格好良さを増しています。

というかビッチ先生バスタオル巻いた太股部分に血がつく状況か…
バスタオル越しに太股をハァハァ舐められている時に頭部をパァンとかいう
マニアックな構図が浮かびますよ。

あぁ…それにしてもやっぱりビッチ先生と烏丸先生の大人コンビは良いわ。
会話してなくてもこういう風に対比して表現されるシーンがあるだけで飯が3杯いけます。

普段はお茶目な先生ですが生徒のたるみには荒療治。

「第二の刃を持たざる者は…
暗殺者を名乗る資格なし!!」


ぐるぐる竜巻を起こして校庭をまっ平らに『手入れ』…
そして生徒達が『第二の刃』を示せなければ校舎ごと平らにして先生は去る、と言い切る。
このまま甘えているなら物理的にも精神的にも「現E組の拠り所」など
無くしてしまえという考えです。

先生の言う『第二の刃』とは何かというと先ほど出たE組離脱の条件その1である
学園の成績トップ50に全員が食いこめという話。
驚く生徒達だが、もちろん殺せんせーとしては無理ゲーを押しつけているつもりは無い。

「本校舎の教師達に劣るほど…先生はトロい教え方をしていません。
自信を持ってその刃を振るって来なさい。
ミッションを成功させ、恥じる事なく笑顔で胸を張るのです。
自分達が暗殺者であり…E組である事に!!」


アオリ「暗殺は、逃げ場じゃない…!!」

今回はアオリも空気を読んで真面目なものに。
アオリ書いてる担当さんは毎回「ダジャレ」「パロディ」「シリアス」
どうバランス取ってつけていくかKYにならないよう真剣なんだろうな。
一文で読後感が全然違ってくるだけにある意味作者以上のセンスが求められる仕事かも。

それにしても片岡さんはちょっとアイさんに見えるなぁ。

スポンサーサイト
別窓 | 暗殺教室 | comment:0 | ∧top | under∨
<<Poison Controller【暗殺教室イラスト】 | POISON × MEDICINE | Art001『リロとジョー』【GOKUSAI感想】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |