小難しく思える事をいかに子どもに分かるように伝えるか
2012-9-12.jpg

という事を意識してるかが頭の良い物書きとそうでない物書きの差だと思いますが、
そういう分野においてルイズ・アームストロング女史の「レモンをお金にかえる法」はお手本。
難解な長文一切ナシ、テンポ良い言葉使いとセンスの良い絵柄が見事にマッチし、
物の5分で経済用語の基本が頭に入ってきます。

お金や商売の話って子どもに教えるのは抵抗のある分野の1つだけれど、
この本の主人公2人のような10円単位の商売だったら
積極的にさせてみても良いんじゃないかと思った。

特に「原料調達から流動化まで全て自己責任でやる」なんて
大人になってからではまず出来ないし意識もしなくなるものだからなぁ。
エゲつない大人に引っかからない為にも商売経験は早いうちから
肌で触れとくに越した事は無い。

暗殺教室でこういうネタ取り扱ってくれないかなぁ…。

スポンサーサイト
別窓 | 総合日記 | comment:0 | ∧top | under∨
<<だって彼女は女王様~♪ | POISON × MEDICINE | 第10話『プロの時間』【暗殺教室感想】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |