5年前に買ったきり放置してたゼルダ
2012-9-8-ZELDA.jpg

世間では「時のオカリナ3D」や「スカイウォードソード」といった新作が盛り上がってますが
管理人は今更ながら「夢幻の砂時計」に夢中です。

本当はコレ数年前に買ったソフトなんですけど、DSを買ったばかりの時期だったので
「タッチペンでキャラを動かす」という操作がしっくり来なかったんですよね。
しかも主人公のリンクにタッチして動かすならまだしも、このゲームの場合
周囲を飛んでいる妖精シエラちゃんをタッチしてリンクを導くというシステムで、
どうタッチすればリンクを目的の場所にスムーズに移動させられるのかよく分からず…。
基本動作だけでも難しいのに戦闘とか謎解きとかあ~もう面倒くさい!!となって
何と冒頭の占い師フォーチュン様の辺りで投げてたっていう。

しかし携帯ゲームの仕様になれた今なら行けるかな、と思ってプレイしてみたら
あっという間にハマってしまいました。昔感じた抵抗が全然なくなってるww
何で数年前あんな過剰に難しいと感じていたのか自分が理解不能だw

ただいま風の神殿。中盤あたりに差し掛かってるのかな。
鬼門は霧の中で幽霊船を追うイベントだった。視界が真っ白で全く前が見えないので
敵が来てもどこから攻撃してくるのかさっぱり分からず、何とか敵を大砲連打で倒しても、
油断してるとタル爆弾にぶつかって海の藻屑…ここだけは10回近くやり直した。
せっかく復活したこのゲームをあやうく再び投げかけるところでしたww

ゼルダシリーズって把握しきれないほど作品が出ていますけど、
大まかな時系列は存在するらしいですね。
まぁ製作者サイドの「新規ファンがどのシリーズから遊んでも楽しめるように」という配慮で
そこまで細かく決まってはいないという事を製作側もファン側も了解してるようですが。

作品によって「過去作と同一人物のリンク」と「全く新しいリンク」が混在してるんですよね。
姿が子どもだったり大人だったりするのもそういう理由と知って感心しました。
子どもリンクを見て単なるありがちな二等身アレンジものだろ?とか思ってて
本当にすみませんw

スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | comment:0 | ∧top | under∨
<<第10話『プロの時間』【暗殺教室感想】 | POISON × MEDICINE | グルメ201『人間界大混乱!!』&第9話『大人の時間』         【トリコ・暗殺教室感想】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |