『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』に実写版最上立会人が
2012-8-28-2.jpg

◆作中では序盤の社交クラブで給仕として登場するだけのチョイ役なんですけど、
あまりに風貌がクイーンだったので超反応してしまいました。
頭のお団子がとんがりコーン+前髪垂らしてくれたら完璧クイーンだ!!
物腰もクールで艷やかだったし、もうリアル最上立会人は自分の中でこの御方と決めた。

◆以下ちょっとしたネタバレを含みます。

ガイ・リッチー監督のホームズ、無印&シャドウゲームを連続で視聴しましたが、
従来のクールなホームズ像とは随分とかけ離れたものになっていますね。
コミカルで清潔感の薄い3枚目キャラの要素が強く、ホームズというよりも
アクションの出来るコロンボっていう感覚で観た方がしっくり来ます。

しかし作り手側としては
「今までの実写ホームズが格好付けたキャラに脚色されすぎていたのであって
むしろコレこそが原作のホームズに最も近い」という解釈で撮ったのだそうで。
シャーロキアンの間でまた物議を醸し出しそうな作品だなぁと感じました。
管理人はツボに嵌った作品なので3で完結とした続編を作って欲しいものです。

従来のホームズものでこれほどバトルシーンに比重を置いた作品は無いでしょうね。
ホームズはあくまで鍛錬の一貫としてバリツ始め格闘技を修練していたそうですが
鍛錬の一貫どころかメダル狙えるぞってレベルの身体能力に脱帽するばかりだww
まず最初に敵を倒すまでの一連のイメージをスローモーションで視聴者に示したあと、
場面が現実に戻りそのイメージ通りに一瞬で敵をKOする手法が面白かったです。
何事にも事前の予測を怠らない彼の性格が戦闘にも反映される事の表れなんですかね。

「ホームズとモリアーティは双子レベルの似た者同士」という解釈で描かれてるせいもあって
クライマックスで2人とも同じようにイメージ合戦してたのは凄いと思いつつ吹いた。

◆しかしアイリーンの扱いには驚いたな…
無印では不二子ちゃんみたいな小悪魔キャラでホームズさえも翻弄し
ちょっと良い仲になりそうな空気を醸しだしていたのに
シャドウゲームではあんな形で即退場だなんて唖然としたわ。

最初はモリアーティの言う“珍しい結核”を一瞬信じかけちゃったんだが、
レストランのシーンを観直したら…アイリーンが倒れる音がしても
モリアーティはピクリとも反応してないのね。
あそこの意味が解ったら背筋がぞわわわってなりましたよ。

無印では愛凛、続編では哀燐
そんな字を当てたいアイリーン・アドラー。
ラストの葬儀シーンは彼女の為にやってあげてくれと思ったよ。

スポンサーサイト
別窓 | 映画・DVD | comment:0 | ∧top | under∨
<<第8話『胸の時間』◆暗殺教室感想 | POISON × MEDICINE | 今月のTSUTAYA CLUB MAGAZINEに反応せざるを得ない件>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| HOME |