FC2ブログ

おら関ヶ原さ行くだ◆へうげもの第14服感想
へうげもの 14服

◆へうげもの第14服を読了。
戦国時代最後にして最大のイベント関ヶ原直前の様が描かれてるだけに
登場人物がとても多く場面の切り替えも早く、「誰がどっちの味方なんだっけ!?」と
頭が混乱してくる部分もありました。きっと戦の当事者達も同じ思いだったに違いない。

◆まず管理人的に最重要事項なのは三成×うた(正室)の夜伽シーン
描いて貰えたという事よ!!ヒャッハァアァァ山田先生ありがとおぉおッ!!
愛情と艶気たっぷりの素晴らしい1ページでした。感じてる三成の表情にhshs。
へうげで濡れ場シーンは珍しくないのだが、その中において今巻のは実に「甲」でした。

うたさん伏し目の清廉な美女。さすが生真面目な三成の嫁だ。
「今宵はいつもと違うてご気性荒く…」という事はいつもは淡白なのね。イメージ通りか。

ハタ目には冷血漢に見える三成にも、兄上やうたさんのような
キツい時に愚痴れる相手がいるのは救われる部分です。
弟とは違って兄上の方は織部をも唸らせる数寄者というのがまた。

しかし、どうして三成があそこまで数寄絡みで上手くいかないのか不思議だな。
秀吉や兄上の事は尊敬してるし、自分自身もまた懸命に数寄を学ぼうとしてるって点では
織部の弟子達と情熱は変わらないように見える。
茶入なんぞ何でも良い、と突き放してる家康に比べて数寄に歩み寄ろうとしてるし
身体を張って大谷殿を笑わせたのを思うと、三成にもひょうげた資質はある筈なのに。
この辺が次巻以降でどう描かれるのか非常に楽しみです。

◆夫婦といえば細川夫妻…(◞‸◟)
ガラシャ砲にはちょwwwと爆笑したが、ガラシャの信仰心と旦那への愛は本物でしたね。
女子の身で石田兵15人も倒したとか凄いな。殺生だがデウスも彼女を責められまい。

嫁の死にブチ切れてる忠興に何とも切なさがそそられます。
可愛い顔つきなだけに切れると本当に怖いんだよな忠興は。
八つ当たりに付き合って殴り合ってくれた福島がイイ奴だ…細川たわけぇ。

◆切ない今巻の夫婦ネタの中で、小堀夫妻は癒しでしたな。
おかねは突っ込みどころが多くて面白い嫁さんですww巨乳ゆえに出来る荒業だなww
そして作介は友達までカマ野郎なのかww

この作品が素晴らしい理由って、夫婦描写の良さもあると思うんだよな。
織部夫婦に石田夫婦に細川夫婦に小堀夫婦に高山夫婦に…
死んでもあの世でイチャついてなされ。

◆山田先生は家康贔屓、との事ですが
作中においては家康側も三成側も心情が事細かに描かれてるので、
どちらにも無理なく感情移入できます。

家康も正義の世を創りたい事は確かだけど、その為には綺麗事ばかりじゃいけない事を
身に染みてるんだよな。
「泰平の世を作るには武人は厄介者、だから彼らはなるべく多く討死して欲しい」
味方兵すらもこういう扱い。酷いとも言えるし正しいとも言えるよなコレ。
へうげ家康を見てると「正義」の裏には常に影が付きまとうんだという事が分かります。

そして、どんなに質実剛健な男でもやっぱり若い女子と交わりたい、
性欲ばかりは正義だの悪だの関係ないっていう男の哀しさをも家康は感じさせてくれます。
おね様に対する初恋のような純朴さと、今巻の廻しが爆発寸前って描写を対比させると
男は上半身と下半身で別の生き物という言葉の意味もいたくよく分かります。

第80席の「正・政・性」は本当に家康を表現した巧すぎるサブタイですね。

それと、家康にとっての数寄って船・建物・町・社会といった
物理的に大きいものに興味が行くのであって
茶杓とか器とか細々とした織部好みとはズレるのかな、と思う。
そのズレがやがて大きな亀裂となって織部を襲うのか…と想像するとゾっとする。

◆カバーは「緑釉」と「緑茶」の誕生にちなんで濃緑色…織部の色ですね。
利休が召される巻もカバー色を漆黒にしてくれたし、本当にこういう部分が粋な漫画です。

へうげコミックスの表紙って過度にキャラクターを主張せず
「色」と「空間」を意識させるものに仕上がってて、眺めててとても気分が良いです。
コレは狙ってやっているとの事。何とも“乙”なお仕事です。

へうげは完結するまでコミックス買い続けますぞー!!
無駄な描写の一切なくして人を感動させる傑作です。いがっぺぇ…いがっぺぇよコレ。

スポンサーサイト



別窓 | へうげもの | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
<<焦げちまいます | POISON × MEDICINE | 一騎当千の快☆感☆>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |