FC2ブログ

ティム・バートン監督とジョニデの相性が素敵
2011-11-12-alice.jpg

「アリス・イン・ワンダーランド」のジョニデが語るマッドハッター論面白かったなぁ。
「人格の切り替えは彼にとっての安全装置のようなもの」か。

イラストがまた上手いんですよジョニデ。
どんな役でもまずイメージが鮮明に浮かび上がるっていう堂々とした言に説得力を感じる。
ハッターはどうも目線が定まってない感じがして観ていて奇妙なムズ痒さを覚えたんだけど
そう見えるようなコンタクトを使ってたってだけじゃなくやっぱ彼の演技力の賜物だと思う。

ミアちゃんも「成長したアリス」のイメージそのもので素敵だったなぁ。
ラスト付近の甲冑姿にドキドキしてしまった。

この映画で1番怖いのは白の女王様だと思うけどね。
「殺生はしないと決めたの」としれっと言うが、なら他の者の手を汚させても良いのかと。
赤の女王に与える罰もさり気なく残酷だし。純白が最も最も恐ろしい。

アブソレム(芋虫)の声担当はあのアラン・リックマンさんだったのか!
どうりで艶やかだと思った。ラストシーンでちょっとホロリ。

スポンサーサイト



別窓 | 映画・DVD | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
<<美人に「見える」◆キングダム23巻感想 | POISON × MEDICINE | 秦軍の男伊達ぇ~>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |