FC2ブログ

イカ以上のイカメン◆H×H29巻
2011-8-11-hunter.jpg

◆イカルゴまじ男前。
しかしこの台詞は死亡フラグだな…しかも自分じゃなくてウェルフィンの(汗)

実際ユピーの死が薔薇毒によるもので、薔薇毒が空気感染するというのなら
直前までユピーと交戦したウェルフィンも毒に侵されてしまっているかもしれないんだな…
ハンターは本当にいつどういうタイミングでどんな形で誰が死んでもおかしくないので
ウェルフィンも来週いきなり死体で登場する心構えはしておこう。
そしてプフは、自らがばら撒く毒の鱗粉で王を殺す事になってしまうのか…?

◆ピトーの最期、見開きでゴンさんに幾度もグーパンを喰らうといった凄惨なものだけど
不思議と欝な気分にはならなかったな。
殺されるのが自分で良かったと、最後まで王の為に尽くす事が出来た事を誇っているので
むしろ清々しい天晴な最期だなぁと、読んでるこっちも“安堵”するものを感じました。
ワケも分からないうちに殺されるよりも、覚悟して後悔なく死ねるのは良いものだ。
前巻のネテロ会長にも同じ事を感じた。

ゴンが最後に「おやすみ…」なんて静かな言葉をかけているのも
カイトの仇ながら、王に対する真摯な想いで戦ってきたピトーに
ある種の理解や敬意を覚えた部分もあるからだと思う。
ゴンが責めてるのはピトー以上に己自身だしなぁ…

同ネタ多数だろうが、ピトーは生まれ変わったら違う世界のハンターのオトモ猫となって
今度こそハンターと友達になるといいよ。「ネフェルー」って新種でw

◆今週号のパームの「私達は残酷よ」からの4ページは
「進撃の巨人」2巻のミカサ幼少期のシーンとオーバーラップするものを感じたな。

世の中には極悪人・犯罪者と呼ばれる人間がたくさんいるけれど
最も罪深いのは自分で動物を殺す事なく最初から加工された生き物を
「あるのが当然」とばかりに当たり前のように消費する自称文化人だと思う。
そしてそれは我々のほぼ全てに当てはまるのだけどそれで罰せられる者は1人もいない。
「平和な国」ってこの世で最も残酷なのかもしれませんね。

スポンサーサイト



別窓 | HUNTER×HUNTER | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
<<破廉恥でござるぅ | POISON × MEDICINE | コムギ「変な女ですが末永くよろすくおねげーします」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |