管理人の『ナツイチ!!』(集英社文庫じゃ無いけど)
arisu.jpg

北村薫さんの『野球の国のアリス』という本を読みました。
講談社ミステリーランドの中の一冊です。
対象年齢は小学校高学年~中学生くらい向けだと思うんだけど、
これはどの層が読んでも面白いんじゃないだろうかと思える一冊です。
(↓以下、本のネタバレにつき注意)

主人公のアリスちゃんってのが野球大好きな女の子で、男子のチームに混ざって
エースピッチャーを勤めていたんだけど、中学生になってからはそれが出来なくなる事を
ちょっとだけ悲しんでるトコから話が始まるんですが。
んで、学校にやってきた小説家(作者?)相手に、小学生時代の最後のピッチングを
不思議な『鏡の世界』で行ってきた、という事を回想で語るストーリー。

メルヘンでもファンタジーでもありませんよ。れっきとしたスポーツ小説です。
話のそこかしこに『不思議の国のアリス』を連想させる単語は出てきますけど、ね。

アリスのキレの良いツッコミセンスには惚れます(笑)
太った野良猫への「メタボ。」とか、寒いお笑い芸人への「(…イライラする。)」とか
何かと言うと松田優作のモノマネが口をついて出るトコとか
読んでていちいち吹かされてしまいます。
文体も基本的には優しいコメディタッチなんだけど、
試合シーンになると緊迫感抜群でメリハリが利いております。

やっぱり、女子が男子に混じってスポーツが出来るのは小学生までが限度で
作中でもアリスがそれを気にするシーンが出てくるんだけど、
チームメイトの男の子がそれを思いやって言葉に気を使ってくれるんですね。
でもって敵チームの主将がアリスが女である事をコケにした台詞を吐いた事に対して
その男の子が本気でキレてくれたりと
後半は管理人のツボを直撃する燃え×萌えシーンにやられてしまいましたよ。

当たり前だけど、スポーツを続けるにはそのスポーツが
根本的に『好き』でなくてはいけないワケで。ましてや女子が男子に混じって戦うなら、
男の3倍は強固なモチベーションが必要になってくるんだよな。

アイシルの花梨の「スポーツ好きでも無いのにアメフトやらされてる」っていう
キャラとして致命的なモチベーションの低さが気に入らないだけに
どうしてもこの本の主人公アリスの野球大好きっぷりと比べてしまう…。
今のところ花梨には単なる稲垣さんの軟派な萌えしか感じないのがなー。
高校スポーツで女子が男子に混じれるってのはギリギリフィクションだから許すとしても
動機・モチベーションの点までフィクションであってはいけないんだな、と
痛感させて貰った一冊でした。

読書感想文で何書こうか迷ってるって小中学生の方には、個人的にお勧めしますよ。

野球の国のアリス/北村薫

arisu.gif

しかし昨日の北京、谷亮子さん3連覇ならずか…無念。
お互い組み手を嫌がって両方に注意が重なってたんだけど、
後半でまさかの谷選手のみに注意…。
それで焦って残り数秒で一本を取りにいったけど結果は及ばず。
素人でも不完全燃焼だったなぁというのが伝わってしまいました。残念。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT