由香さんと「Sugarless GiRL」。/ネウロ×capsule
yuka.jpg

この間の記事でネタにした、capsuleのリミックスアルバムをゲット!!

             5151Q5CjotL__AA240_.jpg


もう、もう、なんと言うか…


うおぉおおぉぉ!!


アホかというほど凄いテンションになってる管理人です。
一曲ずつ丁寧に感想を語りたいです。

その前にひとまず「Sugarless GiRL」のイメージでネウロの由香さん。
パンダ目ビューティフォー。

何つーか由香さんって登場する度に、服装がカワイイ系統に
なってるのは気のせいじゃない筈だ。リボンとかフリルとかついてたり。
実は管理人的に、アレあんまり気に入らなかったりする(苦笑)。
由香さんどっちかというとガーリィロック風味のカッコいい系統なのに
勿体無いなー。
プリクラで一生懸命可愛く映ろうと努力してたり
由香さん本人はカワイイ系統に憧れているっぽいんだけどさ。

お父さん譲りのパンダ目も気にしてるようだけど、
いやむしろそれがセクシーなんだよと言ってあげたい。
弥子はそれを分かっとらんのです(笑)。

さて、それでは「capsule rmx」の感想を一曲ずつ述べて行きますぜー。

♪01 「capsule rmx→」
イントロダクション。あぁ~やはり今のcapsuleといった感じの
爽やかなエレクトロっぷり。ドキドキ感が高まります。

♪02 「jelly」
キタキタキタキタ―――!!
capsule屈指の名曲、そして管理人にとっての『桂木弥子のテーマ』(笑)。
ボーカルのメロディ自体は原曲と全く変わっていないんですが
バックの演奏がより大人っぽい、ちょっと切なさも感じる音色で
何だかとってもキュンときてしまう仕上がりになっております。

そしてやっぱ原曲同様
「すぐに駄目だって 思い込んでいた~~~♪」からの
ビートの効いた盛り上がりっぷりが本当素晴らしいです。
「込んでいた~~♪」のハモリ具合が綺麗でたまらんのです。

管理人的にcapsuleで一番好きな曲だなーコレ。聴かない日はほぼ無いもん。
capsuleベスト3をあえて選ぶとしたら
「jelly」「starry sky」「happy life generator」となる管理人です。

♪03 「Sugarless GiRL」
原曲はイントロがギターの音色ですが、こっちは最初っからどっぷりエレクトロ。
ちょっと何長調とかはよく分かんないですけど(苦笑)、原曲よりも音が低くなってます。
(出だしの「きっと」が原曲では「ソソソ」、rmxは「ファファファ」)
AメロからBメロに移るまでの間奏がかなり長いんですが、それが
かなりゾクゾク感をそそっていい感じです。
全体的にトランス風味。原曲は結構のんびりした印象の曲なんですが
こっちはかなりタイトさが増しており格好いいです。

♪04 「CrazEEE skyhopper」
先月に試聴した時は前半しか聴けなかったので、あれ原曲と
何が違うんだろって思いましたが、やはりアレンジは曲の中盤からですね。
背景にノリの良いリズムとピコピコサウンドが加わってます。
ただ、やはりコレに関してはほぼ原曲そのままって印象が強いかな。

聴いてると宇宙酔いしてるような気分になってくる曲です(笑)。
オユワー。オユワー。オユワー。ワンチャンワンチャーン。ワンモアターイム。

♪05 「ポータブル空港」
イントロがとってもキュート♪
この曲は何といっても曲の中盤でのナレーションがかなりアレなんですが
やはりrmx版でも健在でした(笑)。
何で戦時中のラジオ放送風味なんだよ!!突っ込まずにはいられん(笑)。
また、全体的に空間が広く広く広がっていくような感覚がたまらない曲です。
「未来の空港」って感じの雰囲気がよく出てる曲ですね。

♪06 「do do pi do」
原曲はまさにダイエットに奮闘する女の子の心の叫びって感じで
騒がしいテンパリ具合がもう何とも聴いてて笑っちゃう感じなんですが
こっちはかなり大人しいアレンジになってます。
落ち着いて聴くとこんな感じなのか。

こっちも良いけど、楽しさの点ではやっぱり原曲だなー。

かーわーいーくーなーあーってー オーシャーレーしーたーいーしー
でーもーチョーコーレーイートーとーかー あーあー

たーべーたーい~~(ドンッドンッドンッ ドンッドンッドンッ♪)


♪07 「Lounge Designers killer」
かぁ~っこいい!!音が厚くてロック風味のアレンジになってます。
しかしこの曲のラップ部分のリズムは「FRUITS CLiPPER」のそれとちょっと似てる部分も
ありますね。どっちも好きだけど。

♪08 「Sound of Silence」
BGMの「レッレドレラッ レラソファミ♪ レッレドレラッ レラソファミ♪」
ってリズムの繰り返しが凄く格好いいこの曲。
ノリがよく、そしてちょっと切ないです。
アルバム「Sugarless GiRL」でも、最後から2番目に入ってたし
エンディングが近いんだぞー、って気分にさせられる曲ですね。

♪09 「グライダー」
あぁ、遠くまで飛んで行きたい…(涙)
この曲とか「dreamin dreamin」とか「Secret Paradise」とか
切なく胸に染みるような曲がトリだと、もうたまらないです。
思わずもう一度一曲めから聴きなおさないと、切なさに押し潰されそう。

大体いっつも飛んでるみたいだ
結局僕らは生きてるみたいだ……


そんなワケで、全曲の感想でした。
一曲ずつリピートさせながら書いたんですが、ついつい聞き入って手が止まって
えらい時間かかりました(笑)。

しかしこのアルバム、この選曲が本当にベスト的かと考えると
ちょっと違うような気もしました。

本当の意味でベストアルバムとするなら、もっと初期の曲も入れた筈なんですよね。
それこそ「ハイカラガール」~「Sugarless GiRL」から一曲ずつ
ピックアップして、新旧織り交ぜて…ってのも出来たと思うし
何より「プラスチックガール」とか「Starry Sky」みたいな
インパクトのある人気曲を選ばなかったのは不思議ですし。

「ベスト」というより「アレンジのし易さ」という面に
重点をおいた選曲って感じがします。
いや勿論、どれも良い曲だって事に変わりありません。

ちなみにジャケットの帯を見ると…何々、
同じく中田ヤスタカさんプロデュースの「COLTEMONIKHA(コルテモニカ)2」との
タイアップキャンペーンをやってるのか。
抽選で10名にサイン入りCDか。うは、駄目モトで応募してみようかな。
中田さん&こしちゃんに感想を伝えるだけでも…ねぇ!!


スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT