水野&矢島「そんな第一志望で大丈夫か?」
一番いい志望校を頼む

桜木に力強くコレ言って欲しかったので。

東大の生協利用者カードにもエルシャ大ネタ沢山あって吹いたw
ルシフェル描いた人、絵も字も上手だなー。
http://matome.naver.jp/odai/2128919443445937301/2128919607345974003

スーパーの食品コーナーも受験生仕様になってます。
「キットカット」に「きっと勝つぞ」なんて引っ掛けてた頃もありましたっけね。

管理人も今年はTOEIC受験生モードに入ろうかと思ってます。

スポンサーサイト
別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
阿院先生まじパネェでヒ
2011-1-6-ain.jpg

2011-1-6-puzzle.jpg

今日コレ買って初めて知りました…
この系統の論理パズル作ったのって、かのアインシュタインさんだったんですか―!?

い…今まで全然知らないで遊んでましたよ…
ニコリのポケットブック版には一言もそんな紹介ありませんでしたから…
阿院先生すごすぎる。

この本は箇条書きのヒント文が羅列しているシンプルな構成でやりやすいです。
「世界の2%」なんて言われると身構えちゃいそうですがそんな難しくないですね、
何せ管理人でも出来るんだから。
ニコリ版の方がキツい。難易度が上がるにつれ問題設定が超カオスになっていきますしw

相対性理論とは、四次元の存在を提唱したもの…
「二次元萌え」「三次元萌え」って概念が現代日本では流行っていますが
管理人はいずれ四次元萌えの時代がやってくるに違いないと踏んでいます。

未来人思考なのです。フフン。

ドラゴン桜で歴史上の偉人をパロってるキャラは、阿院先生と芥山先生。
比べると、アインシュタインはベロ出しお爺ちゃんになるまで長生きしたのに
芥川龍之介は35歳という若さでこの世を去っているのですよね…

芥山先生が50歳ちょっとに見える外見なのを思うと
芥川龍之介が自分で命を絶たなかったらこんな風に年を取っていたのかな…と
ちょっと切ない気分にさせられるものがあるのですよ。
そんな理由もあって、やっぱり芥山先生が大好きな管理人なのです。

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
PLEASE PLEASE ME
2011-1-3-ドラゴン桜

川口先生の大胸筋にしてやられた勢いで
作中での学習法と同じく、ビートルズを口真似で練習中。
大好きで何度も聴いてる「Ticket to Ride」は何も見ずに歌える自信がありますが、
もっとレパートリーを増やしたくなった。

「Get Back」の歌い出し“JOJO”でニヤつきが止まらん理由は察して下さい。

画像は3巻のワンシーンなんですが、次のページで桜木が川口先生に対して
「こんなに能力があるのに何で前の学校をクビになったのか…」と訝ってるんですが
結局、作中で最後までその疑問は明かされないんですよね。
川口先生、良い先生だけど目付きと身体つきがや~らしくてちょいウホッな香りも漂うので
まさかそういう方面で…とか失敬極まりない事を一瞬でも考えてしまい本当にすいません。
というか、講師陣でその辺のキツイ過去がハッキリ語られてるのは柳先生だけかな?

三田作品が自分内で大ヒット中だなぁ。
社会派漫画と銘打たれてる作品って、いかんせん日本の暗部やエゲツない権力者、
それに搾取されてる弱者といった「陰」を強調して描く感覚のものが多い中で
この作者の「陽」のエネルギーは独特だと思いますよ。
“こいつらの言葉を信じてみたい”って気分に最もさせられる漫画かもしれません。

あと軽くコスプレ漫画でもあるのでその辺を楽しんでみたりもしています。
11巻の町娘に扮してる水野カワユス。

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
転職代理人は天職かな
2011-1-2-エンゼルバンク

またも三田紀房先生作品。

エンゼルバンク10巻まで読んだけど、
桜木と井野ちゃんの関係性が高校時と変わってなくて吹きましたw
9巻の講義シーンで桜木が井野ちゃん無視して本田さんにばっか答えさせるシーンなんて
桜木が「優等生を贔屓してるように見せてヤキモキさせてやれw」と企んでるようで萌えた。

井野ちゃんは分かりやすくツンデレ、桜木はツンデレというよりはイジメたがりな男。
最終巻でどうなってるのかはまだ知らないけど、ずっと仲良く喧嘩してる関係なら良し。
断じて恋愛がメインじゃない作品の男女関係の方が2828してしまうのはお約束。

井野ちゃんも井野ちゃんなりに疑問を抱き質問したり行動したりしてるんだけど
どうしても桜木や海老沢さんの見識に遙か及ばぬ歯痒さが、観てて後押ししたくなります。
10巻の最後の方で「ちょっと待って、この流れだと私の考えと逆ね?」って
井野ちゃんがこの漫画の流れを開き直って受け入れてるのには笑いましたw

桜木も海老沢さんも辛辣だが、それは根本的に井野ちゃんや
転職・経営希望者の方々の視界を広げようとしてくれているからなんだよな。

桜木が塾で言った「会社は従業員のもの」という言葉には目からウロコ。
「お客様のもの」「社会のもの」なんてのは綺麗事に過ぎない。
まぁ正直「俺(経営者)のもの」が本音ではあろうが、実際に働く時にはその気持ちを封じて
「従業員の生活を守るもの」って意識を優れた経営者は常に持っているのだと。
そういう安心感が従業員にあれば自ずと仕事の質も上がって行き、
結果的には客の為になる…と。カッコいいのぅ。

「カネと社会」をテーマの主軸において語ってる漫画で管理人が知ってる範疇では
三田先生のセンスが1番好き。福本作品や青木作品や西原作品や嘘喰いやライアーも
良いけれど。
こういう作品を「まぁ理想論だよな」で片付けるのは簡単だけど
三田先生のキャラの言い回しや味のある絵柄が好きでハマっている身だと、
リアルに自分の生活に活かせるんじゃないかって気になってくる。

三田先生の絵って単純に上手い下手で語れない癖のある絵柄ですが、
何よりもキャラの瞳が大きくてキラキラしてるでしょ?あれが素晴らしい。
日本に明るい未来を望む漫画なら、キャラの目に活力がなきゃ説得力がないものね。

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
新年一発目・学問のススメ
2011-1-1-akutayama.jpg

●2011年初っ端に読んだのは、ドラゴン桜5巻。
つまり今年は芥山先生から始まりました。

ドラゴン桜は前向きなエネルギーが溢れてくる名作で何度も読み返したくなりますが
特に芥山先生の台詞は何度も吟味してしまう。
皮肉っぽさと優しさのバランスが凄く取れてる方で、素直に言う事を聞きたくなります。
渋い仕草と敬語も萌えポイント。やっぱ大好きですこの先生。

国語教育のマニュアル化っぷりを批判した回のタイトルが「毒」というのも素敵。
「優しい毒性」という感覚に自分はとても憧れを覚えるので、本を読むにしても
社会を見るにしても、そういう感覚を持ち続ける事を目標としたいです。

●芥山先生が水野と矢島と宮村先生に「例題」として出した
Tim Johnsonの「She misses him」。

洋楽歌詞のLoveCMS | Tim Rushlow | She Misses Him

宮村先生いつも気弱な印象だけど、
初見でこの歌詞(邦訳版)の意味をきちんと解釈出来た辺り
やっぱりプロの国語教師なんだなって感心しました。

本当、さらっと読んだだけではこの歌詞が
「脳障害を患った老人とその妻」の歌であるとは気づかないんですよね…
曲の後半で「古いアルバム」「子供」「孫」が出てきてあっそうかコレは老夫婦の歌なんだと
気づき、そこで初めて序盤の歌詞の意味が分かるって構成の曲なので、
序盤を軽く撫でる“だけ”だとホント水野と矢島みたいな早合点しちゃいそうで危険。
改めて「読解力」の大切さを思い知らされます。
(そして意味を知った上で曲を聴くと何とも言えない気分になります…)

同じ作者の「エンゼルバンク」と「透明アクセル」にも注目です。

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
芥山先生の怒り方がステキ
2010-5-4-doragonzakurads.jpg

店頭で800円くらいだったドラゴン桜DS。
問題レベルは小4前後なのですが侮れません。
時間制限がキツイ上に、一問でも間違えると↑ご覧のコメントです。

桜木「なんだぁ?ひでぇ答案だな」
阿院「なんでヒ?この答案は…」
柳「何で全問正解ができなんだ…」

原作読み込んで講師陣のキャラを把握してるプレイヤーならともかく、
初見だったら子供心には結構ショックなんじゃないのかコレw
対象が一般小学生だからか英語の川口先生がいないんだけど、もしいたら
「はっはっは!!面白いほどメチャクチャだねぇ!!」みたいなコメを頂けるだろうかw

理科の天体名は大三角形から覚え直さないと駄目なレベルでした。あぁもう。
でも解説が丁寧なので安心感。
そうか、天体名はアラビア語由来が多いんだっけ。妙なトキメキを覚えてきましたよ。

ただ、問題クリア後に冗長な結果発表画面がいちいち出てくるのは閉口したな。
アレいらん。一画面で済むだろうよ。
ライバル成績も、自分が勝つとちび水野とちび矢島がとても悲しそうな顔をするので
何だか罪悪感を覚えてしまって微妙な気分になるよ(苦笑)
それと社会の移動ゲーム、引いた線がなかなか画面に認識されなくて若干イライラした。

DSにおける脳トレゲーって、出来不出来がほぼタッチペンでの認識精度に左右されるよな。
こっちは正しい文字や数字を書いてるつもりなのに表示されるのはあさっての字だったり、
逆に、適当にそれっぽい形をグチャグチャ書いただけで漢字として認識されちゃったり。
人のクセをコンピューターに認識させるって難しい技術なのだという事は分かるけどね。
「このコンピューターはどういう線がお好みなのか」作品によって違うそれを見抜くというのも
ある意味ゲームの楽しみ方の一つなのだろうかw


ま、それはさておき。


芥山先生「ほう…これはすばらしい、良い結果です。
       完璧な集中力とリズムで解答が出来ていますね。
       常にこの状態で取り組めば、必ず東大脳になれますよ」

どの先生も好きだけど、やっぱ芥山先生が一番やる気でる。がむばります!!

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ダマされたくないので勉強します
「ドラゴン桜」の原作とドラマを観返して、勉強意欲に猛然と火がついてる管理人です。
阿部寛さんの桜木先生原作そっくりすぎハマリ役すぎKAKKEEEE!!
うおぉ…高校レベル基礎から勉強しなおすぞ畜生め。

ドラゴン桜の特別講師陣は皆さん厳しくもお茶目な方々なのですが
特に国語の芥山先生の魅力が濃くて大好きです。名言多すぎ。

「愛情、正義、善意、良心…こんなものは糞喰らえと思うところから始まる」
「いわば“感動のマニュアル化”これを生徒に一方的に流すだけ。
 やがてそこは先生の自己陶酔の世界。
 生徒はただ観客で、漫然とこれを聞かされるのみ。
 それ以前に教科書の内容を先生自身がそれほど面白いと思っていない事も不幸。
 しかし指導方針には逆らえない、つまらないと思っても感動を演じるしかない」
「清く正しく美しく…心の底では疑問を感じながらもね」
「人間の善の心の裏側、つまり悪の部分。
 怒り、憎しみ、コンプレックス、エゴイズム…それによって心の中に沸き上がる葛藤。
 こういう感情に、人間は真に面白いと心躍らせるのだ」
「人間は毒だけでは生きていけない。美味しいリンゴも食べたくなるものだ―」
「矢島君、だからあなたはバカなのだ!!
 “どうでもいいじゃん…”そこで投げ出して思考停止するからです。
 漫然と毎日を過ごして周囲に好奇心を抱かない、これでは何ひとつ身に付かない。
 そのような淡白な性格の人間には学問は無理。東大受験など即刻おやめなさい」

シビれた台詞挙げてたらキリがない。5巻の初授業はホントときめいた。
ドラマ版では扇子パタパタやり過ぎで鬱陶しいんだが、そこがまた可愛いw
そしてどうしても作務衣萌え。(ユッキーといい…そういう属性があるのか管理人は)

ドラゴン桜 5

またドラマ版では井野先生が高原&宮村先生ポジションも兼任してるせいか
原作でのツンケン女っぷりが完全に消え去ってたのが驚き。
まぁ、真面目な井野先生というのも可愛いけど…ちょっと物足りなく思えてしまったな。
今やってる「エンゼルバンク」は彼女が主人公なんですよね。早く読んでみよ。

よーし…勉強するぞ!

別窓 | 三田紀房作品 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME |