三つ葉は復讐,四つ葉は真実の愛
2013-5-5-1.jpg

コナン・マリオネット交響曲クリアしましたッ!!
色々寄り道しながらやったのでプレイ時間は20時間ほど。

クリア後の特典でキャラ立ち絵と背景を自由に組み合わせられるので
最も印象に残ったクラリッサちゃんとエステサロンで。
何故このサロンには蘭姉ちゃんの角まで完全再現したウィッグが置いてあるんだろうなw

クラリッサちゃんがこのゲームの肝である『真実カード』システムを開発してくれて
毎回話が進む度にオートでカード情報を分配してくれたりするので
心理的に彼女に対する疑いの目線が薄まる話展開なのですが
完全にそこが盲点でしたねぇ。

ある意味犯人はヤスに通じるものがありました。

後半で、推理ミスで犯人扱いされるキャラを
平次が厳しく追い詰めすぎてあやうく自殺させるトコだった辺りは
事件解決後にもうちょっとコナンが厳しく叱っても良かったと思うな。
追い詰めて自殺させるなんてコナン界では最大のタブーネタだからなぁ…。

しかし本当にキッドは美味しいところを攫っていくなww

スポンサーサイト
別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | ∧top | under∨
ベジ×ブルといい平次×和葉といい堀川キャラCPの破壊力ときたら
2013-5-4.jpg

この間キヨさんという方のやかまし実況動画を視聴してコナンゲームやってみたくなり
最新作の3DS『マリオネット交響曲』をプレイ中です。
ただ今2つ目の事件の犯人を平次が解決したばかりのところ。

とある観光ビルを舞台に次々と繰り広げられる事件を解いていく仕様なのですが
ザッピングシステムといって、視点が各キャラクター個別に非常に細かく描かれていて
それを逐一切り替えながら進めるシステムになっており、かなりの臨場感が味わえます。
2章冒頭で橋が爆破された時とかこのシステムを使った上手い演出だ。

コナン君・蘭姉ちゃん・おっちゃん・哀ちゃん・探偵団・平次・和葉・目暮警部・
園子にキッド様、オリキャラに果ては黒い人の心理にまで入り込めるのは斬新ですww

細かいネタバレはクリア後にしますが、第1章は被害者がアレだったから何とも思わないが
第2章は被害者が良い人なだけに心が重くなった…。
序盤から登場し台詞も気が効いてる好感度高いキャラだったので死なれるとキツいなぁ。
事件解決後のキャロラインさんの淋しげな台詞にもキュンとさせられました。

しかし平次と和葉ちゃんのカップリングが人気高いの分かるわ。
「この質問をすれば君達は絶対に沈黙する」の辺りで萌え転がった萌え転がった。

BGMはキッド活躍時のテーマがカッコ良いですね。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | ∧top | under∨
コナン実況の流れで『青の古城殺人事件』を観ました
2013-4-14-1.jpg

◆アニメ版コナンで歴代視聴率1位を記録した話だそうで。
森の古城の中、コナン君始めメンバー達が次々と姿を消してしまっていく
不気味さたっぷりの話でした。

◆中盤から終盤にかけての歩美ちゃんの不安感の描写がとても良かった。
涙目で300数えてるトコとか撫で撫でしたくなった。
塔の中で哀ちゃんに助けられた後の会話シーンは
お願いだから声小さくして声小さく(゚Д゚;)とヒヤヒヤしましたがww

哀ちゃんに『コナンはそういう対象じゃ無いわよ』言われてパァッと目を輝かせるトコとか、
『ライバルがいなくなった!!』じゃなくて『灰原さんとの関係が壊れずに済んだ!!』
って感じだものなぁ、可愛いねぇ歩美ちゃんは。

でも歩美ちゃん時として探偵団の誰よりも発言が黒いこともあるんだよな、
ドラえもん原作初期のしずかちゃんかってぐらいのww

◆ところでコナン君が犯人を怪しいと思うきっかけになった『パスポート』(=海外訪問)。
犯人は家族に対しては『10年間まったく外出していなかった』という事になっているのに
実際は整形を保つ為に何度も何度も海外に飛んでいたんだよね?
城への不在を今までどうやって家族達に隠していたんだろ?かなり謎だ。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | ∧top | under∨
ジャガー三原さん(仮)の正体はやっぱりアイツでしたがww


◆その代わりエンディングで本物のジャガー三原さんが…美味しいオチでしたww

しかし被害者の部屋に鍵を投げ入れたトリックは少し無理があるな。
人が多い駅の中、電車を降りて反対車線の電車に駆け込み特定の部屋に入り込み
部屋の窓を開けて5センチほどの僅かな隙間に鍵を投げ入れる…って
どんだけ体力のある男性でも1分じゃ無理だろうと思ってしまった。

あと、序盤の欲しい物当てゲームは
観客に「本当にそう書いてあるのか紙を見せてー」って言われたら
プロはどう誤魔化すんだろう?

◆実況者さんも絶叫してたが推理のクライマックスって時に
あの電車でGO要素いらねぇwww爆笑したわwww

◆そういえばネウロのデイビット・ライス編で、ネウロが
「推理ドラマで死の淵にいる被害者がわざわざ下らないとんちを利かせた
ダイイングメッセージ等を残す場面ほど馬鹿馬鹿しい物もない」

既存のサスペンスに対する嫌味っぽい事を言っていたけれど、
この件みたく、ダイレクトに名前書いたら戻って来た犯人に即消しされるかもしれない事を
被害者が考慮した可能性も大いにあるから、そこまで小馬鹿にする要素でも無いよなぁ。

ネウロでは数少ない、読んでいて共感しかねる部分だな。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | ∧top | under∨
今月発売の3DS版コナン君も欲しくなって来た
2013-4-13-1.jpg

コナン君ゲームの毛利のおっちゃん主人公エピソードを観てるんですが
謎の超能力者・ジャガー三原さんが萌えキャラすぎますな。
カタコトでおっちゃんを舐めきった発言をするのが何ともたまらん。
時折する女性的なリアクションやポーズも謎の萌えを発揮してるんだよなw

モブキャラに声優を使いまわしてるこのゲームですが
彼は重要ポジションのキャラで
しかも山口勝平さんらしいので、ひょっとして…?

続きが楽しみだ。視聴再開。


別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | ∧top | under∨
琥珀の浪漫
2011-2-8-conan.jpg

◆コナンの科学学習漫画のクオリティの高さにびっくりです。
シナリオもキャラも伏線の貼り方も、ほぼ原作のノリそのまんま。
異なる点があるとすれば殺人事件が無いという事ぐらいだw

人気漫画のキャラを使った子供向け教材というのは沢山あるけれど
こんな純粋に推理漫画として読み応えを感じるのは初めてかも。
アクションも泣かせどころもきっちり押さえて来るし…コナンクオリティ恐るべし。

◆画像は「恐竜の謎」より、ちょっと落ち込む哀ちゃんの台詞。
恐竜の血を吸った蚊が閉じ込められた琥珀からDNAを取り出しクローンを作成…って
ジュラシックパークの有名なネタですよね。
あれいかにも起こり得そうでワクワクするネタでしたが、やはり現実は厳しいようです。

ただ、琥珀に閉じ込められた2000万年前のハエの血液から遺伝子ゲット出来た、
というニュースも現実にあるのですよね。
可能性は低いとはいえ全くのゼロでも無い…というのが
研究者達を飽くなき熱いロマンへと駆り立てるのでしょう。

しかし「DNAと遺伝子の違いって?」と聞かれたら答えに詰まる事に気づいたので
こりゃいかん、と調べていたら管理人の脳内が螺旋状になってきましたorz 
ややこしい…何で自分の脳が理解出来ない物質で自分の身体が構成されているのだろうw

あとジュラシックパーク、数学者のマルコム博士がお茶目で良いキャラしてたなぁ。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
名探偵コナン:70巻感想
コナン70

長年のファンだったら周知の事実なんだろうけど、
背表紙のコナン君を繋げると漫画になってるとか、
青山先生の似顔絵が死亡シーン集だとか(笑)最近気付かされた。凝ってんですねぇ。

◆音楽屋敷の話。前巻まではおどろおどろしい雰囲気を醸し出していたけれど
結末は割とほのぼのしたもので安心した。
「2台のピアノの為のソナタ」やっぱ可愛いカップルで弾くのが似合う曲ですよね。

◆龍馬展の話。
返却予想地にペットボトル投げてたオッサンは結局事件とは何も関係しなかったのかw

怪盗淑女(ファントム・レディ)ってちょっとカッコいいじゃんと思っていたら
正体は何と…w
キッドにとても親しみを覚えたエピソードでございました。

◆ラストの魔犬の話。この巻でキッチリ完結しててスッキリ。

「くどうしんいち」って名前は全くの偶然だったのかな?ちょっと肩透かしかも。

和葉ちゃん基本的には大好きなんだけど、服部への
「え~、こんなところで女だけで待ってなアカンのん?」はちょっと駄目だと思った。
緊迫した事態なんだから空気読まなきゃいけないよ。

八犬伝が絡んでるんだろうなって事は管理人にも予想がついたんだけど、
最初にそれに気付いたっぽい山村警部のフラグが完全スルーされてる。
結局オッチャンは蘭姉ちゃんと和葉の会話で思い至ったっぽいし。
山村は勿体ぶらないで普通に言えば良かったのにw

おばあさんの目に涙が光ってるシーンで、直前にタマネギが登場していたおかげで
まさかおばあさんが犯人じゃ…とか思ってしまったのは管理人ぐらいでいいですw

幸姫さんの名前が「玉梓」であり「伏姫」でもあるってオチも面白く。
「なるほど」と納得すると同時に、
心情的にも「ホロっ」とくるオチのつけ方のバランスが良いんですよね。
メインキャラのみならず、ゲスト達の人間関係や心情にも興味をそそられるものがあって
やっぱり緻密で上手いなぁと感心してしまいます。

◆話の大筋自体はやはり進んでるワケじゃないので、
そういう部分に大きく不満を持つ読者が出るのは仕方ないなと思うんですが
その回その回のサスペンス性にはやっぱり緊張感がありますし、
「良質な短編の詰め合わせ」という観点では文句なしに最高峰だと思うので
コナンの長さに関してはあまり文句つける気が無いんですよね…

◆ラストの名探偵図鑑のフィリップ・トレント。
ホームズも「四つの署名」で言っていたように、探偵に色恋沙汰はご法度だったそうですが
「その無味乾燥ぶりに反発し、ミステリーにロマンス要素を加えた」という作者のポリシーに
青山先生が賛同してるのに萌えた。やっぱり公式でコナンはラブコメ殺人漫画なんだw
管理人の好きな巧舟さんも男女のそういう微妙な機微を匂わせるのが上手いしなぁ。
物理科学×ラブロマンスの組み合わせはエンタメの至高…管理人はそう感じる。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
絶対音感持ちの音痴


コナン君の衝撃的な音痴ソングを何度もループしちゃって耳と頭と腹筋が痛いですww
高山みなみさん半端ねぇ…!!

単なる音痴じゃなくて「聴きごたえのある音痴」っていうか「プロの音痴」っていうか。
同じ音痴キャラでもジャイアンの歌は笑えるが特にループしたい気分にはならなかったのに
こっちは真面目に何度も聴きたくなる中毒性w曲のカッコ良さとのギャップがまた酷いw
高山さんご本人は滅茶苦茶お上手なだけに、尚更キャラモードの凄さを思い知ります。

「いいひとに逢えたね」の間奏で蘭姉ちゃんに誉めて欲しがってるトコとかたまらんです。
あ~もうコナン君可愛すぎる。
新一も好きだけど今はちょっと「中身は高校生」だという事を忘れさせて欲しいw

コミックス70巻も買ってきたのでこれから読むぞー。
と思ったら69巻ラストの音楽屋敷の話細かい部分を忘れてるわ。
もう一度読み返してからだ。

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
名探偵コナン69巻感想(ネタバレあり注意)
2010-8-19-conan_20100819223044.jpg

◆コナン達って敵組織との関連性が薄い事件にばかり首を突っ込んでいるので
寄り道せずスピーディーに核心を追う展開が好きな読者はヤキモキしてるんだろうなぁ~
と思いつつも、ライト読者である自分は今の展開も楽しんでしまっています。
その回その回のリズムさえ損なわれていなければOKなクチなので。

特に作者自ら「殺人ラブコメ漫画」であると定義しているのだと知ってからは、
そういう部分も遠慮無くまったり味わってしまって良いのだと安心しました。
いいんですね?白鳥×小林~だの光彦×歩美~だの呟いてしまってもw

じゃあ中身の感想を(バレありますので注意)。

◆温泉話での哀ちゃんがとっても可愛かった。
パンツに唐辛子とか見た目相応の小学生女子みたいで2828してしまいましたw
照れ隠しにああいう一面を見せてくれるイベントは微笑ましいです。

あと女優の深汐さん、ヒステリックにグラス割ってノート破いてたのが
犯行の伏線でも何でも無くマジに役作りの為だった辺りに惚れましたよ。
またヤイバーの恋人役として出演してるトコが見たかったりw

◆妙なモヤモヤ感が残ってしまったのはホワイトデーの話。
いえね、犯人はハイヒールの中に毒入りのレモンを仕込んでいたのだから、
ハイヒールにレモン汁の痕跡が僅かでも残るんじゃないかと思ったのに。
けれど、犯人を佐藤刑事が取り調べた結果、
「ハイヒールを調べたものの何も痕跡は無い」という結論を彼女は出してしまってる。

しかも、検査シーンにおいての佐藤さんは、
「ホワイトデーに高木から何もお返しがない」っていう事を気にしてて
検査にロクに集中出来てなかったような感じが伺えるんだよな。
だから話の最後の方で、その見落としっぷりが指摘されるんだろうと思ったのに
特に何もなく高木にプレゼント貰ってはっぴー☆ですか…うーむ…

正直、その見落としで佐藤さんが落ち込んでるところに
高木が励ましの想いを込めてプレゼント、ってオチにしてくれた方が萌えたなぁ。
何も指摘されずハッピーエンドは物足りなかった。
このカップル自体は良いけれど、プロの刑事としての一線は保ってて欲しいからさ。

あと犯人も、毒レモンをわざわざ人目のある床になんて置いちゃ駄目だろう。
他のレモンと混ぜても意味ないよな。
旦那の唾液がついてるのはその1個だけなんだから検出で即バレしちゃうのに。

「ちゃんときいてる?」は何気ないけど面白い引っ掛けだった。
ミステリーでは叙述トリックが1番好きなもので。ミラクルフルーツも懐かしい。

しかし犯人の元恋人、
「お前舌大丈夫か?」ぐらいで自殺とかありえねーだろと思ってしまったw
あんな一言程度で死なれたらそりゃ酸味ノイローゼにもなるわ。
この旦那さんと、勘違いで殺されちゃった河童事件の被害者は気の毒だなぁ。

◆ラストのピアノエピソードはホラー調で雰囲気が良い。
屋敷の主人(?)の日記怖ぇな…
ピアノというと、コナンにおいて初めて犯人が自殺しちゃった話を思い出して軽く鬱る。
次巻でそれをコナンが思い出したりする場面はあったりするかな…?

別窓 | 名探偵コナン | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME |