何だかシュルツ君の描写があまりにも勿体ない◆アイシル35巻トーク
shulz_20090505023346.jpg

◆ここ最近のWJで、アイシルの掲載順が目に見えて落ち込んでいるのは
言うまでもなく今やってる世界戦がヘタレすぎるせいだと思うんだけど。
素人の流し読み層でも「おかしいだろ」と露骨に分かる描写が顕著になってきた。

村田先生の画力が日進月歩で凄い進化を遂げているのに反比例して
稲垣先生の仕事がやっつけになっていくのが目に見えて分かる。
これじゃ村田先生だってソロでやりたくなるよなぁ。

(今週号の「BLUST!」話自体はオーソドックスながら楽しめました。
しかし賠償金>>>博士の命って価値観で終始したのは正直どうかと思ったが。
チムーのプリティーさは神。やっぱ女キャラ講座は村田先生で見たかったよ…)

◆んで、最近のアイシルでも特に読んでて心残りなのが、ドイツのシュルツ君の描写。
実は世界戦キャラの中で彼にはかなり期待してたんですよ。
ちょっと神経質そうな外見に、「超記憶能力」、そして異様なまでのツン度の高さ(笑)と
管理人の好みをピンポイントで突いてきてくれたので。
(「超記憶症候群」って名称は病名だから単行本では直ってて欲しかった…)

それなのに…まさか試合模様が1話にも満たないなんてなぁ。
いくら作中で「アメリカ以外眼中にナッシング!!」みたいな書かれ方だったとはいえ
1番カッコイイと期待させたキャラとチームがこの扱いは酷過ぎた。

「システマチックな人が熱いプレイに心を動かされて作戦放棄で勝負する」って
シチュエーション自体はそりゃ確かにカッコいいんだけど、だからって
そこに至るまでの流れが全然描かれないんじゃ感動も何もないじゃないか…ねぇ。
イロモノっぷり抜群のロドチェンコだのミリタリアだのには無駄に話数を裂いてるのに
真面目に能力を見せつけてくれる事を期待してたドイツの描写がアレだけって。

「分からない…自分でも分からないんだ…」の表情、
村田先生が非っ常に良い仕事してるだけに、
過程の伴わなさが浮き彫りになって歯がゆいよ。何やってんの稲垣先生ホント。

◆まぁそんなワケで、最新刊読んでても展開が心苦しかったんだけど、
おまけページのシュルツ君の「趣味・数独」には偉いときめきを覚えたw
わーい管理人と一緒だw 面白いよねあのパズル。
本屋のパズル雑誌コーナー行くと半分くらいがコレで埋め尽くされてる、っていう。
「数字は独身に限る」だなんてネーミングの由来が相当ワケワカランのですが(笑)
今や世界中で大人気だっていう。管理人も暇な時はタイムを計ってやってます。
慣れてくるとどこのマスにどの数字が入るのか浮かんでくる感覚が楽しくて…

って感じに、プロフ欄で予想外の萌えを喰らってしまったから困るw
今日のイラストも、まぁそういった理由です。
屋外で暇つぶし中のシュルツ君想像したら何か可愛かった。

稲垣先生はもっとキャラに血の通った描写をして欲しいなあ…

スポンサーサイト
別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ジェラシー男×気弱女◆アイシールド21
ibakari.jpg

アイシル31巻の裏表紙の棘田と花梨を見て撃沈。
ええぇええ!?何かもうあらゆる意味でええぇえぇ!?

⇒アイシル31巻裏表紙

うわぁ何だこれ、普通に仲良しカップルさんじゃないの!!
作中でのギスギスした棘田とコキ使われてる花梨…ってイメージと真逆で、
驚きつつも萌えまくった。

というか、この棘田といい黒木とか雪さんとかといい、
作中で特にイケメン扱いされてないキャラほど
カラーだと男前度3割増しするんだよな、この作品。
村田先生グッジョブです激しく。んーグッジョブ。

そもそも棘田ってそれほど悪くないのに、あからさまな噛ませキャラに描かれて可哀想だ。
あんな説得力不足のトンデモ設定女子にいきなりポジションを奪われたら
男として最悪に屈辱な気分にさせられて当然だと思うし。
3軍・2軍のQBが平然としてるんだとしたら、そっちの方がおかしいよな。

まぁそういう設定を利用して「俺達に屈辱を味わわせてるあの女をシメテヤル!!」
的なノリで、集団で花梨を囲ませた挙句、
「く…くやしい…でも…感じてまう!!(ビクッビクッ)」みたいな事を
花梨に言わせる人達がゴキブリのように沸いてきそうですが。まぁ勝手にやれと。

それより心配なのは、本編でこの2人の話をやってる暇があるのかという事だ。
どうも花梨も棘田も入り込む隙が無いんだよな、今の展開。
メインである筈の大和VSセナはゴリ押しちっくで面白くないし
むしろ鷹VSモン太の方にやたら比重が置かれてる感じだからな。
女QBという奇抜な設定…活かしきる気があるのかな稲垣先生は。

あと、カバー折り返しの村田先生のお写真見て
あまりにもヘタッピの自画像に似過ぎで笑いましたw
自画像を自分そっくりに描く漫画家さんって珍しいんだよね結構。



別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
AQUABLUE◆アイシールド21
kakei.jpg

当ブログで第4十刃のコスプレさせてばっかで心から申し訳ないので
真面目に巨深ポセイドン41番・筧先生を。
眼力強いわ、筋肉はセクシーだわ、たまにやる頬染めが可愛らしいわで
出る度にとても見入ってしまうので困ります。

ちなみに確実に筧は第4十刃のビジュアルモチーフになってるな、と確信したのは
13巻の回想エピソードでの、ヤサグれながら車の上で酒飲んでるシーンでの
良い感じに目が死んでるコマを見た瞬間ですよ。
アレをそのまんま縮小すれば普通に第4十刃としてやっていけそうです。

…つまり…久保先生、自重してくれ(苦笑)

しかし今の全然盛り上がってない本誌の決勝戦よりも
確実に14~15巻の巨深戦の方がガチで強敵感が出ていた感じで
何だか悲しくなってくるんだよなぁ。

巨深⇒初めて訪れたチャンスをモノにしようと必死で喰らい付くダークホース

水町「悪ィーけど、今年は泥門が消えてくれ!!
    パワーアップして、そして一年後…でいいだろ!!」
小判鮫「今までで…一番楽しかった…」


帝黒⇒最強の座に胡坐をかいて敵を舐めきってる連中ばっかのなんちゃって王座

大和「よし、じゃあ俺は片腕を封印するよ」←あっと言う間に前言撤回
鷹「野球でもアメフトでも俺に勝てる奴いないし」←同上
花梨「文科系の女子なのに嫌々アメフトやらされてます…」


ライバルチームとしてどっちがカッコイイか?応援したくなるか?
…言うまでも無いもんなぁ。
読者的にも熱の入り方に差が出来て当たり前だっつーの。

しかも肝心の「本物アイシールド」に関するドラマの薄さがキツすぎる。
大和の言動自体に納得いかない部分が多いのもあるけれど
実は筧も筧で矛盾してる部分多すぎなんだよな。

そもそも最初にアメリカで出会った時点で名前くらい尋ねろよって思うし
「ノートルダム大に留学経験のある関西無敗チームのエース」なんて
普通にスポーツ誌だのニュースだのネットだのでも話題になってそうなのに
気づかなかい方がおかしいし。ふつう真っ先にそういうトコ当たろうとするだろ…。

そのくせ、相手チームの監督をコケにしたFLASH~だの、
選手の名前でしりとり~だの、どうだっていいようなギャグネタでは
インターネットをやたら有効活用してる描写があるからイライラが加速する。

…つまり…稲垣先生も自重してくれ。

そんな中やはり村田ヘタッピで癒されるワケなんですが。
台詞もみんな村田先生が書いてるんだよね?だとしたらヤバイよ。
普通に今のアイシルよりも説明や台詞回しが上手だし。担当さんに萌えるし(笑)
講座っていうかもう立派に漫画として面白いので、むしろこっちを重点的に
応援したい気分になってます、今は。

最後に話がズレますが…先日、浦沢直樹先生の『PLUTO』
既刊ぶん(6巻まで)一気に読みました。
うあぁあぁあ…ゲジヒトさあぁぁあぁあん…!!
何だかもう温かくて冷たくて切なくて。色んな気分にさせられる作品だ…


別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
花梨にDQ5ビアンカの服を着せてみた◆アイシールド21
biankarin_20080716002710.jpg

ショーグン「何だ、もはやコスプレだな」
花梨「あわわわ…す、すいません…コスプレです」


花梨の金髪三つ編みお下げスタイルはビアンカに見えて仕方ないので
思い切ってやっちゃいました。
もうすぐDSリメイク版も出るそうだし、ちょうどよいかと(何が)

花梨はカラーだと、作中の気弱さとは正反対の強そうなイメージなんだよなー。
キリッとしてて何というか北欧系。
実は作中でもあれくらい凛々しくあって欲しいんだが。頼むよ稲垣先生…。

しかしビジュアル的にビアンカであるにも関わらず
技名が『フローラ』というのはコレ如何に(笑)
あのイベントでフローラを選んだ時の微妙な罪悪感は何なんだろうな…

そういえば鳥山&村田でヘタッピ研究所繋がりでもあるなコレ。
村田先生のヘタッピ毎回楽しみにしてます。
下手な高いイラスト技巧書よりも余程参考にしたい気分になる。
鳥山さんの時みたくコミックス化されたら買うので期待してます。

別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
↓この毛の流れが非常にめんどくさい(笑)◆アイシールド21
yamato.jpg

村田先生の画力を本気でパクってみたい今日この頃。
1ページまるまる模写とかチャレンジしてます。
な…なんちゅう構図センスの持ち主だ村田先生は…

大和くん、管理人としては印象的にマサルさんちっくだったのですが
『こち亀』の中川っぽいという意見も見受けられて笑いました。

自分的に中川がギャグシーンで表情が崩れるのって
何だか読んでて微妙にイラッとくるんだけど、今週の大和の
「とにかく!セナくんの走りは最速だ」のコマにも、アレと似た感じの
イラつきを覚えてしまったな。
大和のキャラに、ああいうデフォルメ調でのツッコミは激しく似合わない。
やっぱマサルさん調に真顔でズレた発言をしてた方が彼らしい。

のっけから「片腕封印」とかやらかしてくれたのは相当ガッカリきたな。
バトル漫画ならともかく、仮にもスポーツ漫画の最終決戦で
ラスボスに相当するキャラがやって良い事じゃないだろ。
こういうありがちな余裕描写って、敵のイメージを著しく下げるだけなんだよな。
BLEACHの藍染もそう、ネウロのシックスもそう。

まぁ封印するとか言った傍から数話で両腕解禁してるワケだけど
ぶっちゃけ当然だろと思った。ネットでも叩いてる意見しか見なかったものな(苦笑)
稲垣先生って井上雄彦先生と対談とかしてるくらいだからスラダン好きなんだろうと思うけど
スラダンの山王チームで最初から手を抜いてるキャラなんていたか?いねーだろ。

ついでだから言うけど、あのアメフト協会理事長とかいう色黒のオッサンの
アメフトにスポーツマンシップなど求めない。勝て!!」とかいう発言は
この作品で最も理解できない部分だな。
スポーツマンシップが存在しなけりゃスポーツ自体成り立たないでしょ常考。
この理事長の台詞って「勝利を求める事」と「スポーツマンシップ」は
両立しないみたいな言い方だ。こんな理不尽な発言をするオッサンがTOPに立ってて、
しかも誰からも発言を疑問に思われない世界なのか・・・と思うと、
アイシル界の選手が可哀想に思えてくるな。同情じゃなくて理不尽だな、という意味で。

正直トップがこんなんだから、決勝戦で片腕封印とかスポーツマンシップの欠片もない事を
平気で出来る精神になっちゃうんじゃないのかと。
「原点だ・・・!!」とか言ってメラメラ燃えてるコマがわざとらしくてムカついたよ。
お前帰ってくれ(苦笑)

ってまぁ叩くべき部分は叩いてるんだけど、大和のキャラ自体は興味深いんだよな。
アメリカで苛められてた時期もあったって事で、あのブラックさを孕んだ爽やかさの理由も
ちょっと分かった気がするし。
鼻血が出てもイケメンだしな。ヒル魔のオサレ流血とかよりも余程カッコイイ。

ラスボスなんだから中途半端なキャラ立てにして欲しく無い、というのもあるし
筧先生の人生を180度変えた男なんだからガッカリさせるなよ、というのもあるし
花梨の身に何かあったら色々な意味でお前が責任をとれ、というのもあるので(笑)
まぁ、ちょっと批判的な目を持ちつつも大和は応援したいキャラだなーと思ってます。

♪本日のオススメCD♪

samurai2.jpg

『侍2 Samurai Collection 2』/PACIFIC MOON
アジア系インストミュージックで有名なパシフィックムーンの中でも
非常にハイテンションで素敵ですコレ。
ドコドコ男らしい和太鼓ロックに痺れてみるのも良いのではないでしょうか。

別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
「花梨郎」と「かりんとう」はよく似てる…だがそんな事はどうでもよかった…
USUTAES2.jpg

うすたアイシルその2。
どうにもこうにも大和をマサルさん化したくてたまらん衝動に駆られます。
赤羽よりもよっぽど、ギターを奏でながら変なチーム応援歌とか作曲してる姿
似合いそうで困る(笑)。

花梨大好きだけど、やはり「最強チームの選手」として見るには
無理があるのは否めないなー。
帝黒って250人も部員がいて、そのほとんどが各校から引き抜かれた
エース級選手って設定なのに、その中で特にスポーツやってなかった女子が
トップ張れるってのが無茶なのは、いくら素人でも見抜けちゃうしなー。
作中じゃセナに近いとか言われてたけど、セナの場合は「パシリで鍛えた脚力」っていう
ダイレクトにスポーツトレーニングになってる設定だからまだ納得できるけど
花梨の「イラストとピアノでの器用さ」って理由だけでTOPになれるってのは
さすがに納得できねーって。
むしろイラスト好き・ピアノ好きの女子に対して失礼に感じるぞコレ(苦笑)

そういうの無視して「花梨たんが最強だお!!」「男なんかに負けないお!!」
なんて何の疑問もなく受け入れられるほど、
この作品のファン層は萌えオタばっかりじゃないと思うし。

最も理屈で言えば、白秋のヒロミみたいな虚弱体質キャラ(ベンチプレスは花梨よりも低い)
だって活躍できる世界ではあるんだから、あくまでも
「フィクションとしてのスポーツ漫画」だと割り切るべきなのかなぁとは思うのだけど、
それでも村田先生の演出力や画力にやたらリアリティがあるもんだから、
フィクションだと割り切れない感覚に陥るんだよなー。

…憧れるのは確かだもん、屈強な男たちをヒラヒラ柔らかくかわす美少女。
当たり前のように女が男と対等に戦えるファンタジー漫画の世界とは違うから、なおさら。

まーた村田先生の花梨の作画がどのコマも気合入りすぎてるせいで
ついつい何も考えずに萌え~ってなっちゃう気分にさせられちゃうんだよなー(笑)
ユニフォーム着た時の体のラインとか、セナみたくテンパってる時の表情の可愛さとか
栗田をフワってよけたモーションとか…あぁもう美しいってそれだけで価値がある!!って。
ジャンプの後ろのほうで矢吹とか秋本とかがキモい女体を晒してるけど、あんなのより
何万倍も色気があるものな。つくづく村田先生って何でも上手にお描きになる。

とは言ってもやっぱ選手として認めるには…って思考が堂々巡りしちゃうんだけど。

棘田氏に同情したい部分も多々あります。
彼にしてみれば、何だよやってらんねーよって気分になってそりゃ当然だと思う。
むしろあの設定だけで花梨がエースになれるのが理不尽だし。
最初は花梨に「悪ィ!!」なんて謝っていて、根っからのワルでも無さそうだから
よけい彼が可哀想に思えるな。(まぁこの辺は花梨本人も気にしてるっぽいけど)

帝黒の他メンバーが「ヤマトタケル」「ヘラクレス」「アキレス」って神話の名前を
パロってる中で、「花梨」「棘田」ってこの2人が植物絡みで対になってるのにも
ちゃんと意味があるんだろうから、棘田氏が単なる三流悪役にならない事を願いたい。
嫌だぜ~白秋の天狗みたいに見せ場もなく終わるのは。

そして相変わらず大和に対しての筧や赤羽のノーリアクションっぷりが苛立たしいなー。
特に筧はシナリオ的に真っ先に大和に反応しなきゃいけない筈なのに、
どうでも良い部分で「なっ!?」とか驚いてて腹立ってくる。
いや筧自体はホント大好きなんだが。

かなりの読者が指摘してる部分ではあるんだけど、稲垣先生のヒル魔贔屓のおかげで
肝心の『アイシールド21』に絡んだドラマの描写が疎かになっているんだよな。
ヒル魔は良キャラだと思うけど、セナが正体バラすシーンのインパクトを喰っちゃったり
白秋戦みたく過剰なまでに「ヒル魔は孤高のヒーローなんだぜ」的な演出が
目立ったりするのはさすがに鬱陶しく感じる。
稲垣先生の贔屓が本筋と関係ないところにあるってのが
ヒシヒシと伝わってきてアレなんだよねー、正直。

読者はいくら誰にどう萌えようが勝手だけど、
作者が話を破綻させるレベルでのキャラ贔屓をやっちゃ駄目だよね。
稲垣先生は今のBLEACHを反面教師にして欲しい(笑)。

別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
ラブリー熱血モンチッチ★アイシル281話
monta.jpg

やっぱり本格的にアイシルが気になる管理人。
コミックス抜けてる巻があったんだけど、それも全部揃えてしまいました。
特に花梨・モン太・筧に関しては全面的に応援したい気分満載です。

今週号(281話)とか、数週前のグローブ放り投げた話とかを読んでも思うけど
モン太が格好良い回って満遍なく面白い。

鰤とネウロのFANである管理人がこんな事言うのもおかしいかもしれないけど
オサレとかオシャレとかいう概念と対極にある、ストレートな泥臭い努力キャラって
今のジャンプじゃほんと希少なんだよな。
いなくなっちゃいけないと思う、モン太みたいなキャラは。

しかし、ネウロの本城さんは、あれでも自分の子供を聡明で人当たり良い人間に育てたのに
何でこっちの本庄さんは、子供をあんな高慢ちきに育ててしまったんだろう?
鷹が今のところムカツク面しか描かれてないので、まぁ気兼ねなくモン太を応援できるけど、
もうちょっと本庄さんには質実剛健で、息子の態度にも厳しい親父であって欲しかった。
何だかイメージが下がってしまって残念だ。

んでもって、モン太の本庄さんに対する心情描写はとても丁寧になされてるんだけど、
それに対して筧の、本物アイシル=大和への心情描写はロクにされてないのが気になる。

セナ達が帝黒に行って帰って来た後のマンツーマン話で、いきなり筧が
大和=本物アイシルって認めるモノローグをかましちゃったけれど
読者的にはそれがあまりにも早すぎて肩透かしなんだよな。
おいおいそんな軽くて良いの?って。

せめて、セナ達が送った帝黒のビデオを1人で見ながら
「間違いない…コイツだ…コイツがあの時の…本物のッ!!」って拳を握るくらいの
熱い描写が欲しかったよ、筧好きとしては。

花梨はバカ度0ですって。よかった(笑)
しかしあのヒル魔が、自分と対峙する花梨の事を何一つ口にしてないのは何故なんだ?
今までは試合前に散々スパイだの工作だのしまくって、敵QBの作戦を盗もうとしてたのに
何で今回に限って何ひとつヒル魔の口から出ないままなんだろう?
関東と関西で距離があるから調査が困難…なんて問題ヒル魔には屁でも無い筈だし(笑)

最終決戦だっていうのに、今までに比べて敵チームの内情があまり描かれずに
試合が始まっちゃったけど、その辺は追い追い回想って形で描かれていく事に期待。
管理人は花梨・モン太・筧を特に応援しています(大切な事なので2回言いました)。

しかも「世間は初夏なのにクリスマスの話」っていう
週刊連載ではたまに陥るベタな状況に見事になってしまったワケですが
そんなベタさにもめげずに頑張って下さい、稲垣&村田先生(笑)

♪本日のBGM→『ドンキーコング』シリーズのサントラ。
モン太を描くにあたってはコレがピッタリだと。名曲だらけで終始ノリノリでした。
特に2の「ハニーアドベンチャー」とか「どくろコースター」とか良すぎ。

ニコニコにUPされてる版→【ニコニコ動画】ドンキーコング2 名曲総まとめ改

別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
小泉花梨&アイシル280話感想
karin.jpg

下の記事でも言ったけど、最近はアイシルが本格的に気になりだしてます。
帝黒の花梨かわいいよ花梨。
『さすが最終決戦の敵チームだけあって、マネも格段に可愛いな~』とか思ってたら
まさかのレギュラー選手だもん、おったまげるよ。
しかもクォーターバックだよ、司令塔だよ。あのヒル魔と頭脳戦を繰り広げるポジションだよ。
ヒル魔相手に高見やマルコが死にそうなほど苦戦して来たのを見てきた読者としては
最終決戦の相手はどんだけインテリぶったキャラなんだって思うだろうに
まさかこんな細っこい女の子が、ねぇ…と困惑せざるを得ないっちゅう話だよ。

とは言っても、今週号(280話)でユニフォーム姿が別に違和感なかったので
あぁ、ホントに選手なんだなぁ…と納得するより他なかったんだけれどね。

ビジュアルと性格に関しては文句つけようがないくらい可愛い子なんだけど
果たして『選手』としてどういう描かれ方をするのかが本当に気になる。
稲垣先生も凄いギャンブルに出たもんだ。

しかも、美人の女の前では初対面だと羊を演じる(笑)あの阿含が
花梨を目にしてもナンパモードに入らなかったどころか
そんなもんどうにかしろカス共」と一蹴したのにもマジでビビった。
小さいコマでサラっと描かれてるけど、阿含のキャラ的に革命じゃないかコレは(笑)

トレーニングしてるコマの阿含が見事に雲水そっくりのツラなのがまた、ねぇ。
「顔立ち」自体は同じだったけど、「顔つき」は全然違っていたんだっていうのが
よく分かる絵だ。初めてこの2人が兄弟に見えた。

しかし阿含にツッコミを入れるのもちょっと恐れ多いんだが
最後の「セナじゃテメーに最初っから勝ちの目が無ぇ」って台詞。
阿含ってセナの事、今まで「クソチビ」とか「クソカス」としか呼んでなかったのに
いきなり名前で呼ぶってのは不自然じゃないか?いくら更正しかかってるとはいえ(笑)

大和は黒いよなぁ。
爽やかだけど、豪快だけど…ナチュラルに黒いというか、悪気の無い黒さというか。
計算ならともかく、天然であのキャラだとするとちょっと不気味だ。
筧の事とかちゃんと覚えてるんだろうか。
管理人はアイシルじゃちょっと筧を贔屓気味なので、仮に大和が筧と再会したとして
ミもフタもなく大和が筧に「えーと、誰だっけ君?」とか言ったりしたら
大和を嫌いになりそうで怖いよどうしよう(笑)

突発的にアイシル感想でした。できればアイシルネタもこれから混ぜていきたい。
赤マル…村田先生の描き下ろしの為だけに買っちゃうべきかなぁ。


別窓 | アイシールド21 | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME |