こうなったらTAKANA48をプロデュースするべき◆うすた作品
「ピューと吹く!ジャガー」19巻をゲット。

悩める高菜さんの病み具合が全く治る気配ナシ。切なくも愛しくなってしまいます。
ネットアイドルネタは毎回面白い。
男性読者で高菜さんの感覚が理解できる方はセンス良い男だと思いますぞ。

高菜さん

「アイドル」と呼ばれる存在に憧れてはいるのだけど
どうにもアニメ的・マスコット的なキャラ作りと素の性格とが折り合わなくて
あらぬ方向に突っ走る高菜さんやビューティー田村さんの苦悩っぷりは、
ギャグ的に描かれてるとはいえ結構身につまされるものがあって
うすた先生こういう女子の心理よく描けるなぁと改めて感心いたします。

P68の上戸矢こね子の
「アイドルらしい当たり障りの無い回答」みたいのも生々しくて吹いた。
高菜さんは明らかにこういう商売が出来るタイプじゃないよなぁ…

思うに、アイドルじゃなくて本気でシンガーを目指すべきだと思うよ高菜さんは。
モデルが椎名林檎だそうだけど、本当にああいうタイプだと思う。
彼女と似たような鬱屈した想いとテンションを抱えてる人間って沢山いるのだろうし。
「そういう人達の為に歌うわ私!!
アヤ・エイジアのごとく脳を揺らして脳漿ブチ撒けるのよ!!」
みたいな方向に覚醒してくれれば最高だと思う。

けど連載が終わるまではアイドルネタで悶々としてて欲しいけどw

あと「“普通”のイメージになろうと1人で悶々として突っ走る」
タイプといえば福嗣君もそうだったなw
同じ匂いを感じるという理由で彼にも感情移入できるようになってきたw

内海マークシティ(違)

今巻冒頭の洗濯物ネタも面白かった。
「小さな親切大きなお世話」とはまさにこの事なんだなw
ただ、福嗣君の実家では近所へのああいった世話焼きも日常茶飯事だったのかなと思うと
都会生活の切なさというものを感じたり感じなかったり。

ジャガーさんの登場キャラってみんな本当は天才的な感性や技術の持ち主なのだろうに
それを活かす方向が思いっきり間違ってる辺りが歯がゆいw
ピヨ彦しかりハマーさんしかり不動くんしかりポギーさんしかり。でもそこが良いw

スポンサーサイト
別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
しっかりもの同士◆ジャガー
2009-7-16-hudotachi_20090717003725.jpg

不動くんと橘さん。やっぱりお似合いだと思えるので。

最近は不動君の「真面目さゆえにおかしな方向に突っ走る」側面が見られなくて寂しい。
何となくポギーさんと被ってる部分もあるんだろうか。
ポギーさんのチャレンジ精神が荒唐無稽な分、不動くんは
地味にリアルな部分でおかしさを表現できるタイプとして成長していって欲しいものです。
「存在感が無い」ネタはもう通用しなくなって来てるしな。

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
大キライ でも愛してる

今日はPerfumeの3rdアルバム「⊿(トライアングル」の発売日なんだけれど
正直、今回は即買いという気分になれないです。評判見て考えたい。
前にも書いたけど、最近のパフュは露骨に「TV向けのアイドルポップ」って感じの
薄っぺらい曲構成になっちゃってて、聴いてて面白みが無くなってしまっているんだよな。
GAME(←)みたいな「全てが神曲!!」と断言できる一枚では無さそうで残念。

管理人もYSTK信者の端くれなので、だからこそ妥協は許したくない部分があるのですが
うすた先生&バティ的にはどう思います?最近のパフュの曲。

まぁそれはともかくジャガーさん17巻ゲット。
うすた先生の写真貫禄ありすぎワロタwww
あのまま車トバしてたら普通にどっかのチーマーの頭(ヘッド)かと思われますよw

おまけページの偉人イケメン化が凄かった。
イケメン化…というよりは「少女漫画風アレンジ」と言った方がいいでしょうか。
源頼朝が違和感ないです。学研マンガとかで普通にありそうな絵柄だと思った。
あと金太郎も良かったな。美少年すぎる。

っていうかよくぞあれ程色々なパターンの「少女漫画絵」を描き分けられるものだ。
フツー男性だと「少女漫画の絵って皆同じに見える」みたいな感覚の人が多いのに。

しかし自分、不動君が苛められてる回はちょっと好きになれないんだよな。
今回も第357笛が読んでて嫌な気分になってしまった。
この回、本誌でのアオリもムカついたんだよな。
「あ~、本格的に詳しい人来ちゃったよ…興醒めだよね…」ってヤツ。
不動君何も悪くないのに何でこんな事言われなきゃならないんだ。コレは笑えなかった。

その不動君なんだが、合コン会議で橘さんと隣同士の席に座ってるの見てちょっと萌えた。
あのまま合コンが滞りなく進んでたら、不動君と橘さんは良いカップルになってたのでは?
橘さん再登場しないかしら。可愛いよね。

ハマーさんと田村さんの仲も順調に進展してるようで(笑)何よりです。
コレに関しては本誌のアオリGJだったな。「もう付き合っちゃえよお前ら!!」

最後の話の、ほら貝の音色に対する「みんなの意見」がリアルで良い。
「所詮戦わない奴の音色。軟弱。」とか実にかっけぇww
是非どっかで使わせて頂きたい言い回しだw

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
うすた先生のラブコメセンスはやっぱ尋常じゃない◆ジャガーさん
sayaka-20090410.jpg

◆「マスクしたままフリスク」も確かにキツいが、それ以上に
「フリスクと一緒に炭酸」ってのが相当ヤバイ。鼻にも喉にも目にも地獄だアレは。
そんなような事を思った今週のジャガーさん。

巷には「フリスク型ipod」なんてオシャレアイテムも存在するらしいので
せっかくだからサヤカちゃんに装備させてあげた。ピヨ彦プレゼントしてやれw

今週のハマーさんの「花さんと鼻さんの嬉し涙が花粉症」ってのに
ちょっとガチで感動させられたから困る。上手い事言いやがって畜生め……。
こういうクサいポエムネタの際は、ハマーさんやポギーさんのキャラ的に
どうしても「オチ」がつくんだが、最近それがうすた先生の照れ隠しなんじゃないかと
思えてきて萌え。うすた先生萌え。
つくづく相当な乙男(オトメン)的なセンスの持ち主だよな、この方は。

うすた先生~、やっぱダブルマメダイチ新連載でやってくれませんかー?
ジャガー自体は最近ちょっとマンネリ化してきたし、心機一転を図る意味でも。

◆オトメンで思い出したが、前々から思っていた事を言いたい。
雨竜と笛吹さんと多武峰ってつくづく似すぎじゃね?
「眼鏡+切れ長のツリ目+黒髪センター分け+乙女趣味+不遜+ツンデレ(様)」…
生き別れの兄弟かお前らwww

◆ヤスタカ様チョイスBGMの新作が来てたので紹介しときます。
うp主様ー、毎回選曲センスが素敵です。このシリーズほぼ毎日再生してるファンです。



大好きなコルテの「SLEEPING girl」がついに来て「きゃあ!!」ってなりました。
これほどの神曲なのに…何故コルテはさっぱりカラオケに入らないのだろうか。

MEGの「SEARCHLIGHT」も必聴です。
来月発売の最新アルバムはやはりystk様と一緒だそうでホっとした。
Hadoukenとのアレはちょっとコケちゃった印象だからな…MEGらしい巻き返しに期待。

両方とも←のアルバムに入ってる曲なので、気に入ったら買ってねーと販促。

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:1 | TB:0 | ∧top | under∨
うすた先生に…圧倒的感謝っ…!!◆WJ2009年06・07号(うすたオンリー)
ジャンプ新年1発目からして、ものの見事にやられてしまった。
鰤の待望ウル織展開、トリコの爽快なバトル模様、ネウロの凛々しい笛吹さん…
どれもきちんと語ってあげたいのは山々なんだけど…今はちょっと待ってくれ。
それ以上に…言いたくてたまらない一言があるんだ。叫ばせてくれ…


うすた先生ええぇえぇっ!!

アンタ……最高でおまぁあぁっ!!!



そう、読切です!!
今週号のうすた先生・48ページ読切…「ダブルマメダイチ」!!
昨年ブログで「しばらく更新できないかも…」と仰っていたのでちょっと心配してたんですが
この力作の為だったのか!!そりゃ更新なんてするヒマないわ!!(笑)

何でこんなに興奮してるのかというと、単純に管理人がうすたFANだというのもあるけど
それ以上に、何ていうかね…
「望みが叶った」って気分なんですよ、この作品を読んで。

どういう事かというと、以前の記事で管理人、こんな事を言ったんですよ。
「うすた先生のラブコメ作品を真面目に読んでみたい」って。

それは「ジャガー」ファンブックにて。うすた先生が尾田先生と対談した際に
うすた先生が「実はラブコメ描いてみたい」っておっしゃったのに対し、尾田先生が
「恋愛だけでどうして話が作れるのか分からない」って
ちょっとラブコメってジャンルを小馬鹿にしてるような返し方をしてたんですよ。

尾田先生が嫌いなワケじゃないけど…ちょっとこの発言にはムカっとくるものを感じて。
うすた先生の感性だったら、二次元オタが描くような「萌え・エロの押し付け」じゃなくて
本当に胸がキュンキュンするような恋心が描けるんじゃないか、と思っただけに
「うすた先生…男なら…やってやれ!!」と内心激しく応援してたんです。
(詳しい記事はこちらです。)

そこに…新年一発目のコレですよ。本当にやってくれたよ。

所々でうすたチックなお笑いを織り交ぜ、所々でキャラそれぞれの甘酸っぱい想いを醸し、
そして所々で、どう見てもレイトン教授なパズルが出題されるという
この作者以外にあり得ないラブコメディのいっちょ出来上がりですよ。

…つーか、あのパズルには本当びっくりしました。
アレらは2作目の「悪魔の箱」に出てくる問題ですよね?
「犬の走る距離」も「サイコロの目」も、つい最近解いたばかりの問題だったので
見た瞬間マジで背筋に寒気が走りました。

ちなみに元ネタ↓

犬の走る距離…ナゾ109「犬の散歩」
サイコロの目…ナゾ113「サイコロの頂上」

最後の「アルファベット⇒数字」のヤツだけ分からないのですが
それはまだ管理人が途中だからでしょう。
早くアンソニーの屋敷に行けと(笑)

つーか、アンソニーの「レイトォオオォォン!!」って絶叫は
どうしても「グレイトオォォオ!!」にしか聞こえないよなと公式PV観て思った(笑)。

…マメちゃんが関君に「ボタンちゃんに伝えなきゃいけない事あるんでしょ?」
って告げる直前のドキドキ感、それ聞いた時の関君の表情、フっちゃうボタンちゃんの表情。
何より、最初と最後でボタンちゃん言ってる事逆(マメちゃんの台詞を言ってる)なんだけど
マメちゃんがそれに対し言葉ではツッコまないトコ。
ラスト4ページの尋常じゃない甘酸っぱさが…何というか…もう…



「来たぜ…ぬるりと…」



思わず神域の男も呟いてしまうほどのキュニキュニ感です。
新年一発目から良いモン読ませて頂きました。うすた先生…本当の本当にお疲れ様!!
今年もWJにおける美味しいデザートポジションでいて下さい★


…と、これだけで終わらないのが、うすた先生ネタの凄いところ。
映画紹介記事の、担当編集バティさんによる直筆作文をご覧下さい。
まぁぶっちゃけ字が読みづらいんですが、それは置いといて(笑)
そうです、最後の2行!!

「欲を言えば、主題歌は超売れっ子の、広島出身…」
「中田氏プロデュースのあの3人…」

バレバレなんだよ!ちゃんと言えよ!(笑)

もうコレは…やるっきゃないでしょ、うすた先生×ヤスタカ様のコラボ!!
天才と天才、夢の共演!!
お互いファンである事を公言してるんだし、もう何も問題は無さそうだ。

そんなワケでうすた先生と、20代最後の年を迎えるヤスタカ様のご活躍を願って…
締めに一曲どうぞ!

Perfume - Twinkle Snow Powdery Snow


あの日の思い出 もう離さないで
やっと縮められた君との距離は
また元通り じゃないしスローリー
心の氷 溶かせたらいいね

君の輝き 甘い囁き 僕のため息はつきたりないほど
空の明かり 眩しい光
宝石箱みたい ちりばめたTwinkle Snow 
銀色のPowdery Snow 包み込む Twinkle Snow ……


別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:2 | TB:0 | ∧top | under∨
聞かせて頂きました♪~ネットラジオうすた先生ナマ出演!~
mu-min_20081018041607.jpg

そんなワケで、今週の「HIT BREAKERS」聞かせて頂きました!!
回線が込み合ってたのか、放送中は何度か音飛びしちゃって
うすた先生の美味しい発言を聞き逃さないかとヒヤヒヤしてました(笑)

パーソナリティの岡本さん的にツボった「ジャガー」の回というのが
「●●●の仮面を1話まるまるパロった話」との事で。

乙女心ゆれ子さんですね、わかります。

しかも、岡本さんがせっかく元ネタのタイトルをボかして言ってるのに
普通にその部分を口にしてしまった渕上さんのKYぶりも微笑ましく思えたところで(笑)
うすた先生を交えたお3方でセッションをなさる、との事。

うすた先生はやはりピューと吹いてもらわねば!という事で、リコーダーで参加。
管理人の心拍数、急上昇。
「もしかして…うすた先生ってマジにジャガーさんのごとく、
芸術的な超絶技巧で笛が吹ける方だったりするのか!!?」と。

前奏が終わり…Aメロに入り…うすた先生のターン!!!

「ぺー♪」

「ぴー♪」


間奏に入り…うすた先生のターン!!!

「ドーレーミー♪
 ドーレーミー♪ 
 ソーミーレードーレーミーレー♪」(←チューリップ)



すっごいやる気ねぇー!!!(笑)


あまりの適当さに感動したので、チューリップwith高菜さん描かせて頂きました(笑)
あ、黄色いチューリップの花言葉は「望まれぬ愛」なんですって。
…黄色って幸せそうなイメージなのにね…不思議だ。

ちなみに、この時に演奏してたのが「雨上がりの夜空に」っていう曲で
管理人は初めて聞く曲だったんですけど…

「こんな夜にお前に乗れないなんて」
「こんな夜に発車できないなんて」
「バッテリーはビンビンだぜ」
「お前についてるラジオ感度最高」


なんだこの素敵に微エロな歌詞は!!と思って作詞者を調べたら
あの忌野清志郎さんだったのですね。うはっ勉強になりました。

しかし、うすた先生のお声は落ち着いた低音セクシーボイスなんだなぁ。
作品のテンションからは予想外でドキドキしてしまいましたよ。
そんなイケメン声で「浣腸」「浣腸」連呼するもんじゃありませんよ(笑)

「作中で浣腸ネタ出すかも」ってマジっすか?
うすた先生って排泄系のギャグは殆どやらないから、あまり想像できないな…

とか思ってると、いきなり「うんこをイメージしてみました」(byゴム美)みたいな
直球ネタ投げて来る可能性もあるから、
読者としては一瞬たりとも油断できないワケですが(笑)

宣伝なさってたコンピレーションアルバム、当然ながらGetしたいんですけど
今はリズ天ゴールドサントラに、パフュのライブDVDに、鰤+日和のカレンダーに…と
ちょっと値段の張る購入予定がみっちり入っているので
これ以上増やしたら管理人の金銭状態がもう血も涙も無い事になってしまう(苦笑)
そんなワケですぐにはちょっと買えないかな…ごめーんね。

ともあれお3方、お疲れ様でした。いつか次回もぜひやって下さい♪

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
うすた先生のお知らせ♪
え~っと、今さら管理人なんかが言うまでもないでしょうが一応。

本日の夜9時より、岡本洋平さんという方がパーソナリティをやっているネットラジオに
うすた先生が生出演!!されるそうです。

http://planetgroove.sakura.ne.jp/yoheyOKAMOTO/news/000163.html#more

初めてご利用の方はちょっとした手続きがいるのでお早めに♪
あ~ドキドキしてきたぁ。
別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
柔らかできれいな言葉たち並べて おだやかでやさしい人になれるわ
tamura-takana.jpg

ジャガーの高菜さん&ビューテイー田村さんを一枚。
高菜さんウデ長すぎたかな…

サヤカちゃんみたいな「普通な可愛さ」が自然に身についてるコと違って
この2人はムリしてそういうのを演じようとしてる、その空回りっぷりが可愛いんだよね(笑)

うすた先生、対談で「実はラブコメが描いてみたい」と仰ってたんだけど
真面目に読んでみたいですよ、うすた先生のだったらね。
この間のサヤカちゃんとか、先週の田村さんとか、ギャグマンガではあるけれど
キュンとくる部分は本当にキュンとくる描き方をしてくれるからね。
いちごの真中とかと違って、ピヨ彦にムカつく要素は全く無いし(笑)。

少年誌のラブコメにありがちな
「冴えない僕の周りにある日突然次から次へ可愛い女の子がウッホホーイ!!!!
 パンチラ乳チラ接触キャッホホーイ!!中学生男子の下半身もヒョッホホーイ!!」
的なセオリー構造そのものを、うすた先生だったら破壊してくれるような気がするんだよな。
単純な二次元オタクのセンスじゃ無いから。

松井先生の巻末コメントじゃないけど「まだまだ捻れる分野」だと思うんだよね。
萌え漫画とも少女漫画とも違うテイストのラブ&コメディを、今後のうすた先生に期待。

タイトルMUSIC⇒「セラミックガール」/Perfume

そういえばうすた先生、11月のPerfumeの武道館ライブにいらっしゃるかもしれんという事で
今から妙な緊張感が上昇しています。⇒うすた日記6/30

ヤスタカ様とうすた先生…相性って感じですね。
いずれこのお2人のコラボ作品が見られる日も近いと思う。
この2人が組んだらどんだけ面白くてオシャレ…略してオモシャレな作品が出来るのか。


別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
浴衣のキミもまぶしいよ まぶまぶまーぶまぶしいよ◆ジャガーさん
sayaka

サヤカちゃんの浴衣姿があまりにも可愛すぎたので一枚。
ピヨ彦が失神するのも致し方ない眩しさだぜ…!!

何ていうか、「普通の女の子を普通に可愛く描ける」って
つくづく尋常じゃないスキルの持ち主なんだと思う。
今週で縁日ネタが被ったTo-Loveるなんかと比べてみると一目瞭然。
作者が三次元の世界に生きているか、二次元にしか生きていないか。
異性キャラの描き方で露骨に分かるモンだよなー、と思わず苦笑してしまう管理人です。

ジャガーで縁日といえば真っ先にがっかりイリュージョンが浮かぶなー。
あの回は今でもジャガーTOP3に入る名作だと思います。
酷評されまくってるモノほど何故か見たくてたまらんという不思議な人間心理。
チーターマンとかスペランカーとかデスクリムゾンとかの根強い人気にも
がっかりイリュージョン的な謎の心理が働いているのだろうか、とたまに考えてしまう(笑)

今回の縁日ネタも楽しそうで何よりです。
ピヨ彦とサヤカちゃんの仲は素直に応援してるので頑張って欲しい。
もう既にお互い両想いっぽいんだけどね。ただギャグ漫画である都合上
本格的に2人が付き合う姿は最終回まで見られないだろうという
悲しき因果が立ちはだかるのですが(笑)

「こういう静かなとこも悪くない…かな…」とか、笑顔でムシャムシャ食ってるシーンとか
ラブコメだったらドキッとくるフラグなのにね。
それこそTo-Loveるだったらこの後不可効力でサヤカちゃんがパンモロして
そこにピヨ彦がダイブするような展開になってるだろうに(笑)。
…うすた先生が作者で本当良かったよ。

そういえば縁日&ピヨ彦って組み合わせって、何となく
昔売られてたらしい「カラーひよこ」を彷彿とさせるな(笑)。
管理人はリアルで販売してるトコは一度も見た事ありませんが。
無理な加工のせいですぐ死んじゃっていたそうですね。可哀想に…。
最近は金魚すくいも全然見なくなったし。時代と共に変わって行くものなのでしょうか。

↓そんなワケで本日の超オススメBGM。



すっげえぇえ何コレ、変なテンションになっちゃう!!!!
最後のNG集(さくらさくら)まで見えたわ!!
うp主様はリアルジャガーさんだ間違いない。

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
現在ジャガーさんMOVIE視聴中♪◆ピューと吹く!ジャガー
ゲットしましたジャガー・THE・MOVIE♪

まだまだ最初の方なんですが…
あぁ、何だかもう既に乾いた笑いしか浮かんでこねぇwwwww
のっけからB級感満載で素晴らしいです。

とりあえずセガールが原作以上に良い味を出してる感じです。
あの棒読み揃いの面子の中では、上手すぎて浮いてるくらいだ。
つか乳首に吸い付くなきめぇwwww

あと女性キャスターさんもツボだなぁ…テンション低くてかっけぇ(笑)

そんじゃ続きの視聴といきまーす ノシ

別窓 | ピューと吹く!ジャガー | comment:0 | TB:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT